Log / Index

2001.11

11月30日 何かもう。

WORM_BADTRANS.B に感染した友達への助言のため、
 この2日間ネットの海をさ迷ってました。ウイルスお腹いっぱいです。

先日受けたSPIテストの結果が送られてきました。
 要約すると、「ん〜。ちょっと知力が足りてないかな?ってカンジ?」らしいです。

雅子さん入院のニュースで他の番組がドカドカと潰れる中、
 KBS京都ではそんなことお構い無しに、何故か森脇健二が歌っています。

グダグダです。


BADTRANS.Bの駆除ツールはこちら

11月29日 わーい。

メールが続々と届いています。
 メールチェックの度に2〜3通届いちゃったりなんかして。
 何コレ?私って人気者?ちょっと大手気分?ウハウハ?モテモテ?
 なんて思いながら。

WORM_BADTRANS.Bを淡々と削除しています。

11月29日 レポート渡し逃げ。

くず」が好きです。
 宮迫の、あのうさんくさい笑顔が堪りません。


就職活動に向けて、「エントリーシート」なるものを書かなくてはいけません。
 400字程度の作文みたいなモノなんですが、テーマは「学生時代最も力を入れた事」

「いかに早く家に帰るか」って。書いちゃ駄目ですよね、やっぱり。

11月28日 追い込まれてます。

レポートを書いています。
 何かもう、許して下さい。解放して下さい。

カオナシ  ←コレあげますから。

11月27日 冬ですね。

派遣の単発バイトで送り込まれたんですが、携帯電話工場で働いた事があります。
 「工場内軽作業」の名の元に行われるのは、
 コンベアの上を延々と流れる携帯電話の説明書の上に、ストラップを置き続ける作業。
 私の後ろには「保証書を置く係」「ビニール袋に詰める係」が続きます。

コンベアはエラい勢いで流れるわ、常連の金髪姉ちゃんは新人にイヤミをかますわ、
 立ちっ放しで昼休み以外には5分程度の休憩しかもらえないわで大変だったんですが、
 何より辛いのは「頭を使う事が何も無い」という事です。
 最初の方は「今日帰ったら何をしよう」とかその程度なんですが、
 そのうち「ミニモニじゃんけん」が頭の中で流れ出したり、
 「自分は何をやってるんだろう」という疑問が湧いたり、心身共に追い込まれてきます。
 終了時間が近づく4時5時辺りはもうボロボロです。

帰り道、重い足を引き摺りつつ考えるのは「人生について」
 泣いても、泣いてもいいですか。

11月25日 キャベツとレタスの違い。

もしレタスが千切りになっていたとしたら、それは私にとってキャベツです。

11月25日 肩が凝りましたがな。

「千と千尋の神隠し」を観てきました。
 一体私は世間の波から何テンポ遅れているんでしょう。

以下、感想。

■「映画を観ている我が子の写真を撮る父親」は一体何を考えているんだろう。
 ■千尋は生理的に受け付けないと思っていたけど、そうでもなかった。
 ■あの街、あの空間を私にくれ。
 ■ハクのおかっぱ頭はいかがなものか。
 ■そりゃこんなシーン見せられたら子供は泣くわなあ(赤ちゃん続々退出中)。
 ■ドロ状の液体がどふどふ流れ出る所が好き。
 ■花が綺麗。
 ■カオナシは困ったさんというか、ちょっと鬱陶しいタイプ。
 ■菅原文太が声優を!?
 ■「愛」か・・・。

映画の素晴らしさを少しでもお伝えできれば幸いです。

11月23日 アイタタタ。

月に一度の血祭りWEEKウエルカム。


父「冬になって着るモンないなあ」
 私「セーターあるやん」
 父「もうセーターはダサい。今はアレの時代や」
 私「アレ?」
 父「ほら、ユニクロで売ってる。あの・・ふ・・・フリ・・・」
 私「フ・・・?」
 父「ブリーフ

父、52歳。お洒落に懲りたいお年頃。
 父、52歳。「フリース」が覚えられないお年頃。

11月22日 腹に違和感。

今日は6時起きで1限から授業に行ったんですが、
 3限辺りになるともう眠くて帰りたくてぐずって半泣きになりそうになりました。

私、来月21になるんですが。

11月21日 ダレてるんですってば。

今日も100円均一ショップに行ってきました。
 先日買ったモノが予想外に私の肌に合ったらしく、
 現在しっとりプリプリ状態の肌を欲しいままにしています。
 100円にこれ程までに馴染む肌。素直に喜べません。


何か発表終わってからダレてます。
 ダラダラできるのがもう嬉しくて嬉しくて。
 ひゃっほうひゃっほう。ハラショーハラショー。ペッタンペッタン。

もう、何て言うか、毎日がエブリディです。

11月20日 ウマー。

「★良かった100円化粧品★」(2chのスレッドです)勉強になりますよ、コレ。
 100均の化粧品なんてロクなもんじゃないだろう。
 なんて思っていてはいけないようです。
 影響されやすい私は早速ダイソーで「ぬか袋」と「ヒアルロン酸」を買ってきました。
 「酒しずく」っていう美容液もかなり良いらしいです。
 駄目でも100円なら諦めがつく値段ですし、試してみてはいかがでしょう。

あ。京都の人は私が買えなくなるんであんまり買わないで下さい。
 大阪の人はギリギリセーフです。

11月20日 メノンパパン。

机 発表前、現実逃避中の私の部屋です。

左の緑のカプセルはチョコエッグです。
 その隣のオレンジはみかんです。

だから何だ、と言われると困ります。

11月19日 海に帰りたい。

発表が終わりました。わーいわい。

教授「いや〜。僕はちょっとそれは違うと思うんですけどね」
 わーいわい。
 教授「え?その意見は誰の説なんですか?」
 わーいわい。
 教授「もうそれはね、認識不足としか言えませんね」
 わーいわい
 教授「山田さん自身はこの説についてどう思います?」
 わーいわい。
 教授「○○という本にそれについての記述があるんですがね、
     その他にも××とか△△とかでもこれについて触れていて●△◇・・・」

 わーいわい。
 教授「参考文献の中にあるこの学者さんですが、この人はちょっとおかしな人でね」
 わーいわい。
 教授「いや、僕は別に山田さんを責めているわけじゃないんですよ」

発表が終わりました。

11月18日 子宮に帰りたい。

偶然、大学の友達のサイトを見つけてしまいました。
 3年の付き合いになるものの、サイト持ってるなんて一言も聞いてなかったんですが。
 うわーどうしよう。

まずはアレですか。
 「やっほ〜。○○(本名)ちゃん、HPなんて持ってたんだ。びっくりした〜。
  あ。私誰かわかる?答えは明日の2限、××先生の授業でね(笑)」

 っていう書き込みから始めるべきでしょうか。

ただでさえ狭い交友関係がまた狭く。


発表、明日です。

11月17日 森に帰りたい。

「スーパーの女」見逃した!!


レポートをまとめるのって、パレットで色を作るのに似てますよね。

色んな本を読んで、つまりはこれが絵の具に当たるわけなんですが、
 この学者さんはこういう説(
 こっちの学者さんはこういう説(
 こんな説()を唱える学者さんもいたり、
 それに対して別の人はこう言って(ピンク)いたり。 
 全く新しいこんな説()も出てきたり。

それを読んで、自分なりに解釈・判断して、
 この色はこれくらい、この色はいらない、この色はちょっと多めに混ぜて、
 これはちょっと水を足して薄めて・・・なんてことを繰返しながら、
 たまには自分のオリジナルの色(意見)を入れてみたり。
 混ぜているうちに思いもよらない色が出来てちょっとびっくりしたり。
 で。最後には自分だけの綺麗な色(レポート)が出来上がるわけなんですよね。

要するにね、私のパレットは今こんな色なわけなんですよ。

11月16日 だからもうホンマ寒いねんて。

ゼミ発表に向けて、今日は休みなので地元の図書館に行って来ました。
 さすがに、元市長が横領していただけあって市立の小さな図書館だということで、
 資料になる本の数も少なかったんですが、結構色んな人が来てるもんで、
 大学図書館では味わえない雰囲気を味う事が出来ました。

●図書検索用のパソコンから離れてくれない小学生の群れ。
 ●司書相手に大声で逆ギレする親父。
 ●「表紙がケーキの写真の雑誌」という無謀な手がかりだけで本を探させるオバサマ。
 ●奇声を発しながら駆け回る幼児。
 ●受験を前に切羽詰まっているらしき高校生(手にはゴルゴ13の参考書
 ●立ち止まっては独り言を言うお爺さん。
 ●机の上に並べた本には手も触れず、30分置きに空を見つめて放心する女。

最後の一行は私の事です。

11月15日 さぶさぶさぶっ。

たまには知的大学生っぽい話題でも。

ゼミ発表に向けて、しょうがないので図書館に行ってみました。
 さすが、学費ン百万取っているだけあって蔵書の多さを誇っているだけあって、
 学生や教授の研究の手助けとなってくれる多種多様な本・雑誌・論文が揃っています。
 地上2階の閲覧室に地下1・2階からなる書庫もあわせると、
 一生かかっても全ての本を読み尽くす事など出来ないのではないかと思われます。
 ここにその一端を紹介させて頂きますと。

「神道と日本仏教」・「フロイトとユング」・「外国為替基礎講座」・「カニバリズム」
 「憲法」・「行政法総論」・「暗殺学」・「イスラム社会のヤクザ」・「霧のなかのゴリラ」
 「貞操帯の文化史」・「羞恥の歴史」・「夜這いの性愛論」・「美少年ずくし」・「おなら考」

・・・あれ?

これからも私は一生読まなくてもいいような本を一生かけて読んでいくのだと思います。
 「おなら考」は借ります。

11月14日 さぶさぶっ。

ゼミ発表に向けて、しょうがないので本を読んでいます。

「○○と●●は、確かに語感の上では似通ったものかもしれないが、
  意味は全く異なったものであり、同一のものとみなす事はできない。

金閣寺』と『キンカクシ』くらい違う。」

これが東京帝国大学を出た当時68歳の法学博士の発言かと思うとドキドキします。


アレですか、箸が転がってもおかしい年頃ってヤツでしょうか。

11月13日 精力増強剤の恐怖。

最近道を歩いていると、電柱なんかに貼ってある「バイア♂ラ 10粒 10000円」
 という張り紙が目につきます。

バイア♂ラ。
 バイアブラ。
 バイ油。
 去来するのは、体をテカテカに光らせたマッチョな兄貴のイメージ。

あ。兄貴は勿論ふんどし一丁・バイアグラ服用済みです。


ゼミでの発表が一週間後に迫り、現実逃避活動が活発になっております。

11月13日 さぶっ。

いつまでも亀を見ながら犬の事を思っていてもしょうがないので。

テーマ:「亀好きのフリをしてみよう」

亀への距離は近づいたのか、遠ざかったのか。
 こうして自分を騙して何になるのか。
 果たして亀は私の事を認識できているのか。
 顔文字の使い方はあっているのか。
 ちなみに「亀吉」の名前はこのページを作るため、2秒で考えました。

11月12日 わっしょい。

亀を見ながら思うこと。

「あー。犬飼いたい」


今日の飲み会は中止になりました。
 私が日々発し続けていたマイナス思念のせいなのかどうかはよくわかりませんが、
 何はともあれゼミ間の男女の新たな出会いと不純異性交遊の芽が摘み取られた事は
 誠にもって喜ばしい限りです。
 「この間の飲み会がきっかけで、私達付き合う事になったのv」
 笑顔の友達を前に、私を覆い尽くす脱力感。
 想像するだけで瞼が熱くなります。

人の幸せを嬉々として潰そうとしているその手で、
 同時に自分の幸せをも潰しているという事に早く気づいた方がいいんでしょうか、私は。

11月11日 実話です。

頭の中で同じ曲が鳴って止まらない時ってありますよね。

今日の私のテーマ↓

 ほんのちょこっとなんだけど 髪型を変えてみた♪
  ほんのちょこっとなんだけど そこに気がついて欲しいぞ♪

 愛しのマママ

 前田吟〜♪

最近なんだかギリギリです。
 ギリギリアウトです。

11月10日 便P。

「レインマン」を見ていたらもうこんな時間に。


今日は就職能力試験とかいうモノを受けてきました。
 ペパロニの意味が分らなかったばかりに問題を一問落しました。
 深くは聞かないで下さい。

ペパロニに阻まれる就職。
 不況とは全く関係の無い次元で、前途は多難です。

11月9日 涙くんさよなら。

月曜に4回生のゼミと飲み会があるようです。
 あるようです、とかいう言い方からして私のやる気の無さが滲み出ている訳ですが。
 共通点は指導教授が同じだということくらいで、
 面識も無ければメンツもわからないと言った愉快な状況です。
 まあそれだけなら適当にやって帰ってくればいい話です。
 対人スキルの低さが自慢の私ですが、その位の事は辛うじてこなせます。
 問題なのは、この話は4回生からもちかけられたという事、
 どうやら4回生(♂)の目的が3回生(♀)にあるらしいという事です。
 3回生には私を含めて4人の女がいるんですが、
 私に「当て馬」以外の働きができるとは思いません。
 金まで払って、やる事と言えは気まずい酒を飲み目の前で戯れる男女を見守る事。

あんまり腹に据えかねることがあったら、
 「就職活動が・・・」とか「卒論の進み具合は?」とか聞いてやろうと思います。
 学術的な話をすると見せかけて、
 「戦国時代ってホモ時代ですよね☆」と場を凍らせてやる事も忘れません。
 後ろ向きな方向へ向かってのやる気だけは常にマンマンです。

そして、こんな姿勢で挑んでいるから何事も上手くいかない。

11月9日 アレ?

「今日はちょっと遅くなる」
 そんな電話を家にかけたその時、母親から返ってきた言葉は、
 「はいはい。あ、そうそう、アンタの自転車、売ったから
 お母さん。お母さん。
 確かにパンクはしておりましたけれども。
 買って5年になるかなりの年季の入りようでしたけれども。
 まだまだ乗る気マンマンだった私なのですよ。
 いつかパンクを直したその暁には、
 布地が荒れ果てたサドルに尻を降ろし、ブレーキの効き難くなったハンドルを握り、
 「速い(重い)」か「軽い」しか選べなくなった変速を駆使し、
 ガッチャンガッチャンとどこからともなく聞える音を響かせながら、
 颯爽と市内を駆け回る腹積もりだったのですよ。

「何で?」と聞く前に「幾らで?」と聞いてしまった自分もどうかと思うんですが。
 しかも1000円て。
 お母さん。お母さん。

11月8日 亀と私。

石橋貴明+モーニング娘。のコンボには、もう「許して下さい」と言う他ありません。


祭の夜店で見かけた「亀釣り」に心奪われ、
 妹に命じてその亀を入手した私(10月24日参照)。

あれから亀自体は私の部屋の水槽で元気にもがいているんですが、
 名前は未だに決められていません。
 実は、母親から「アカミミガメは凶暴だ」という情報を得、
 更に「今は小さくても巨大化する」という事実を知るに至り、
 私の亀に対する愛情は8.5割ダウンという大暴落を見せていたのです。
 命の尊さとか生き物を飼う責任とかは後で400字詰の原稿用紙に纏めるとして、
 このままいくと亀に何の愛情も感傷も持てなくなってしまうことうけ合いです。
 ここで何とかトンチを効かせて亀への愛情を再加熱しなければなりません。
 その重要なポイントが「名前」なのです。ここが全ての分かれ目なんです。

小学生の時「ランちゃん」と名づけた蘭の鉢植えは、ものの見事に枯れ散りました。

11月7日 夢。

ペッペッペ・ソーランアレマ。


秘宝館に行ってみたいです。
 場所は問いません。
 微妙なやる気の無さと場末な雰囲気、
 失笑するしかないエログッズが見られればそれで満足です。
 あと、これとは別件でロマンポルノとかも見てみたいです。
 「人妻の憂鬱」とか「喪服乱れ打ち」とか王道な設定のがいいです。
 AVはノーサンキュー。

11月7日 AM10:00。

寝坊したのでまだ家にいます。
 原田泰三(ネプチューン)にモテた夢を見ました。
 これが阿部寛だったなら、寝坊しても微塵も後悔しなかったのに。
 そんなことを考えつつパソコンに向かっている私です。

最近、夢くらいしか楽しみがありません。末期でしょうか。

11月6日 たらふく。

「友情と肉の狭間で」

自分のメモ帳に、間違いなく自分の字で書かれていた文字なんですが、
 何の事だか心底わかりません。悩んでいたんでしょうか。
 友情と肉の板挟み。

11月5日 オーマイガー。

「ねるとん」と言おうとして「パンチDEデート」と言ってしまいました。


微妙に楽しいです。さあ、あなたも抜いて下さい

11月5日 食い物の恨み。

一昨日の夜は友達の家に泊まっていた私なんですが、
 「私のいない時に限って外食(ステーキ)に行く家族」について、
 そろそろ真剣に考えた方がいいんでしょうか。

11月4日 お泊り会をしてきました。

あんまり検索ネタで引っ張るのも何だなあと思っていたんですが、
 すいません、これだけは言わせて下さい。

「遠距離恋愛 高野山」
 で検索をかけてこのサイトにいらっしゃった方。

ごく普通に出会い、ごく普通に恋愛をし、
 ごく普通に将来を約束し合った二人だったのですが、
 何と彼氏はお坊さんだったのです☆
 幸せな生活を送っていたのもつかの間、
 家のお寺を継ぐために、何と彼氏は高野山に修行に出ることに!
 哀れ二人の仲は引き裂かれ、
 女人を断った彼氏には、電話どころかろくに手紙も書けぬ日々。
 つのる想いを押し殺し、流す涙で濡れる頬。
 「そうだ。広いネットの世界なら、私と同じ思いをしている人がいるんじゃないか」
 健気な思いで検索をかけてみた、そんな彼女の目に飛び込んで来たのがここですv

という所までは何とか想像してみたんですが。あってますか。違いますか。
 このサイトを見てガッカリされたであろうことだけは分りますが。

11月3日 喉が痛いですな。

「職業選択に於ける適性分野の方向は、間違いなく芸能や芸術部門でしょう」

自己診断テストなどで出たこんな結果に、
 「やっぱり私って他の人とはちょっと違うのかなあ」なんてドキドキしていた中高生時代。

しかし、不思議少女を気取りたい年頃も過ぎ、
 就職活動も間近に控えた今になってもこんな結果が出てしまうと、
 さすがに気づかないふりをすることは出来ません。
 「単に社会不適合者の烙印を押されているだけじゃないのか」という事に。

11月2日 帰ってきました。

胃カメラ飲んできました。
 山田、二十歳。号泣するかと思いました
 喉をチューブで押し開かれ、胃をかき乱され、十二指腸を覗かれ。
 私にあともう少しの勇気があったら、先生を振り払って暴れてしまう所でした。

結局、胃がちょっと荒れている程度だったらしいんですが、
 あの苦しみと引き換えに手に入れた情報としては不満を隠しきれません。
 しかも先日の血液検査の結果から、中性脂肪の高さまで指摘されました。
 金を払って恥を買うとはこのことか。そんな言葉はあるのか。

今回の検査でわかった事。
 ◆私の前に検査をした人は、寄生虫の疑いがある高校生(待合室に会話が筒抜け)
 ◆喉を麻痺させるための薬(喉で暫く止める)の苦さに耐えかね、
  看護婦さんの見ていない隙にコッソリ吐くと、唇まで麻痺して困ってしまう。
 ◆「ヴォエ」というよりは、「ヴォェッホ」という感じ。
 ◆胃や腹の中をチューブが暴れ回る感触は、筆舌につくし難い。
 ◆「上手だね〜」「もうちょっとだからね〜」と、先生がなだめすかしてくれる。
 ◆気取ってアイメイクなどをしていくと、涙でにっちもさっちもいかなくなる。
 ◆タオルはゲロリンパ用ではなく、ヨダレ用。

11月1日 考える。

「金八先生」と「プラトニックセックス」
 見ろと迫られた場合、より精神的苦痛が大きいのはどっちだろう。


明日は胃カメラ一気飲みの日です。
 朝っぱらからタオル片手に行ってきます。
 もぢもぢとベッドの上に寝転んで、「ヴォエ」とか女にあるまじき声を出したりしてきます。
 辛くなったら田舎のお婆ちゃんの事を考えます。
 胃からこみ上げてくるモノは根性で何とか押し留める予定です。
 善戦空しく惜敗した場合は、持ち前の明るさで乗り切ります。
 先生の引き攣った笑顔が目に浮かびます。

2001.10

top

Copyright(C) 2001-2005 Yamada. All rights reserved.