Log / Index

2003.2

2月20日 卒業旅行に置いていかれた。

田舎(父方)へ帰ってきました。

おばあちゃん(77)との会話
  「きよっさんと目が合ったわ」(先日行った氷川きよしのコンサートの話にて)
  「乳が垂れとるな」(テレビの歌謡ショーで小林幸子を見ながら)
  「結婚やな」(職が決まってない・彼氏がいると話したら)

ちなみにおじいちゃん(81)は何故か家の中なのに帽子(ファー付き)を被っていました。しかもちょっと浮かせ気味に。

2月18日 生きています。

掲示板とメモの方には書いたんですが、PCが壊れまして。もう何度目かわからないくらいの故障でして。液晶のバックライト切れだけだと思ってたらWINの起動も出来なくなりまして。もう何て言うか修理に出すのも面倒?みたいな。まあ金が無いだけなんですけど。

そんな感じでいつ直るのかサッパリで、その間まあ父親のPCを触れない事もないんですが、社会不適合者の烙印を親から押され、入り婿並に肩身が狭くなっている私が今までどおりネットを続けるのも厳しそうでして、簡単に言うと更新が滞りますよ、ということです。


ホゲチュー!オフレポ

予想以上に早く着きすぎて思わずマンガ喫茶に入ってみたり、「このままここで一晩とか余裕だなあ」と思ってみたり、集合時間直前になって待ち合わせ場所がわかっていないという事に気づいて慌てて人にメールをしてみたり、聞いてみたもののやっぱりわからなくて途方に暮れて数少ない携帯を知っている相手に電話してみたら「電波の届かない地域に〜」「この番号は現在使われておりません」というメッセージが流れてきたりしながらも、最後の一人にようやく繋がって何とか皆と合流することができました。て言うか待ち合わせ場所、人多くてすんごい怖かった。知り合いがいなかったら普通にあのまま通り過ぎてた。「ごめん。急に気分が悪くなって帰っちゃった」とかメールしてた。

そんな感じでほとんど誰が誰やらわからないまま、店の場所もわからないまま、何故か先頭を歩いて店に到着。
 階段の踊り場辺りで一緒に歩いていたトツカさんが「先客がいる先客が!」とすごく嬉しそうにはしゃぎだしたので何かと思ったらゲロでした。うん。見たくなかった。

席についた辺りでようやく「あれ?何で女が私と中田さんしかいないんだろう」という事に気づいて軽く放心しているうちにビールなんかが運ばれてきて、後ろでは何だか大学生が「卒業を祝って!」とか一気してて沸き上がる殺意を堪えられなかったり悲鳴が聞こえたと思ったらその大学生がゲロ吐いてたり、そんなファンシーな雰囲気で酒を煽りながら頭を下げたり「卒業なんて!」と吠えてみたりウルティマキチガイぷりを責められたり席を移動して暴言を吐いたり「お前は天狗になってんのか」と言われてみたり正座したり遅れてやってきたninaさんにチョコケーキ(手作り!)を貰ってみたり、それに刺激された中田さんが外に飛び出して買ってきたうまい棒(チーズ!)を貰ったり、「で、山田さんは?」という問いかけに「モノだけが愛情だと思うな」と言って一歩たりとも動かなかったりしているうちに一次会終了。

帰る気マンマンだったくせに何故か「え?帰らないよねまさか」という言葉に流されてカラオケになだれこみ、ジャイアンリサイタルを開催してみたり魂を飛ばしてみたりしているうちに(あの場はなんか混沌としてた)朝が開け。外に出てみたら降りしきる雨。
 「私ここで倒れるけど起こさないで」という言葉を喉で止めながらフラフラと歩いて喫茶店に移動。虚ろな目でミルクティーをかき混ぜながら「もうお家に帰れないんじゃないかしら」と思ってみたりしながらも、何とか気力を振り絞って外に出て、他の帰る人たちに「あ。私はこっちなんで」と言って一人反対方向に歩き出してみたら、見事に道を間違っていました(ずぶ濡れ)。


そんな感じでヘロヘロかつ濡れ濡れになりながら何とか帰ってきました。参加された皆さん、お疲れさまでした。

中田さん − 酔った時の中田さんは普通に危ないなあと思いながらも、発散させるのも一興だろうと思ってあえて止めずに見守りました(半笑いで)。
 ■ トツカさん − 「どうやったらネゲットできるのか」をしんみりと語り合ってしまったあの空間はちょっとおかしかったですね。あと、脱がずにいてくれてありがとうございました。
 ■ 巻河さん − 誕生日おめでとうございます。「いつも見てます」とか言われて裸足でその場を逃げ出してしまいたくなりました。
 ■ 藤子さん − リンクでサイト名を間違っていた事を指摘して頂きました。すいません。思う様なじってください。常習犯なんです。
 ■ 篠原さん − 乳首を触ってしまってすいませんでした。あんまり悪いと思ってないのがまたすいませんでした。だって声とか出すから…。
 ■ 松尾さん − 私が松尾さんに捧げるべく「3年目の浮気」を熱唱している最中に部屋を出ていくってそれはどういう事なんですか。
 ■ チョクさん − ハッピーバレンタイン。テキストサイト大全貸してくれてありがとうございます。ハッピーバレンタイン。
 ■ 曠野反次郎さん − カラオケの部屋で、誰も見ていないかもしれない廊下で、珍妙なダンスを披露していたのが忘れられません。「一緒に」と言われ、「いやいやいや!」と力の限り拒絶してしまってすいませんでした。あの動きは私には無理です。
 ■ 大宮さん − 「王子」という名称がすごく似合うなあと思いました。初めて見た時、「ああ、この人は王子だ」とものすごく納得。
 ■ クレスモンテさん − 何だか頭を撫でたくなるような人だなあと思いました。理性が邪魔をして手を出せませんでした。
 ■ ranさん − 汚れた大人である私はその綺麗な目を真っ直ぐに見る事が出来ませんでした。あと、落ち着きすぎ。
 ■ senさん − ずっと「メガネ」って呼んですいませんでした。乳首を責める時の手の動きを教えて下さってありがとうございます。あと、腹の肉を掴むのは勘弁しろメガネ。
 ■ 石川さん − あんなにも熱く「ミニハムズ」の歌を歌う人を初めて見ました。かっこよかったです。このまま倒れてしまうんじゃないかと少し心配になったりしました。
 ■ ninaさん − チョコレートありがとうございました。「今日泊まるとこないんですよねー」とかナチュラルに言ってしまう娘さんっていうのは大丈夫なんだろうかとハラハラしました。
 ■ 突発参加者の方 − 普通に今風の男の子を中田さんが連れてきたので、てっきり「ネット…?何それ」みたいな人なのかと思ってしまいました。バイトは大丈夫だったでしょうか。
 ■ 売人さんヨシモトヨシトさんTAKEXさん − あまりお話出来ず残念でした。ボサボサの頭とうつろな目で暴言を吐いているか、自分から声をかけられず隅っこで放心しているかしていたのが私です。

えーっと、気をつけたつもりなんですけど、誰かと誰かを間違っている可能性が大いにありますので、「あれ、これ違う……」と思われたら、すぐさま。すぐさま教えてください。お願いします。お願いします。お願いします!

2月4日 マジで痛い(現在進行形)

其ノ壱
1

其ノ弐
2

其ノ参
3

其ノ四
4

「ぎっくり腰」って言うらしいですねこれ。


一時的にリンクを休止しました。チェック・整理が終り次第また再開します。
 リンクについてはこちら

2月3日 【訂正】 問2 (誤)妖精→(正)夢精

山田22歳。本日、レタスと間違えてキャベツを購入しました。

駄目。もう駄目。帰る。子宮に帰る。


部屋が汚いのはいつものことなんですが、さすがに酒のビンとカンが転がっているのはどうかと思うのでそろそろ掃除をしようと思います。しかもそれ全部1人ぼっちで飲んだっていうのももっとどうかと思います。

2月2日 トレンディーごっこ。

節分って何日ですか。

2月1日 たりくまた。

もう2月って。何かのウソじゃないんですか。だって、こないだ年越したばっかりなのに。ねえ。ドッキリ?


拝啓

太りました。

かしこ

top