Log / Index

2003.12

12月29日(2) 人影も、首輪も、ヒモすらも無く。

今年最後の衝撃映像(20分前に目撃)

住宅街の、電気もついていない家の前に、ウサギとスクーターが止まってた。


30日〜2日までネット環境を離れます。生存確認はメモ写真メモにて。

12月29日 皆様、良いお年を。

大掃除での不測の事態。

■壁を拭こうと泡状のスプレーを吹きかけたら、泡がついた(&その泡が垂れた)場所だけあからさまに真っ白になって、拭く前よりあきらかに酷いまだら壁が完成。
 ■同様に窓を拭いたら、拭いた方向が一定(左→右とか)じゃなかったらしく、横・縦・斜めの拭き跡がついた素敵な窓に。
 ■洗濯後、無心でベランダ側のカーテンを取り付けていたら、付け終った直後にそれが窓側のカーテン(長さ1/2)だったという事に気付いて脱力。


明日(30日)から2日まで、付き合っている人に会いに神奈川の方に行ってきます。

「関東の方に来た時は声かけてくださいね」なんて事を言ってくださる方もいらっしゃって、普通なら「新宿付近で構って頂ける方いませんか」なんて告知してみたい所なんですが、今回「年末」「冬の長野(確実に雪)」「その中をバス移動」の三大課題を抱えておりまして、「到着時間が何時間遅れになるか全く予想できない」という理由により、申し訳ありませんがいつもどおり誰にも会わずにヒッソリ背中を丸めて行って来ようと思います。

て言うかこの状況の中ほんとにちゃんと着けるのか、今、不安で堪りません。

12月28日 ぼくわつかれました。

近所に50代〜のおばさま向けの小さな服屋があるんですが、さっきそこの前を自転車で通りすぎたら、店の電光掲示板に「ごめんなさい」の文字が延々くるくると回っていました。

「申し訳ありません」でも「すいません」でも無く、「ごめんなさい」

引き返して詳細を確認して来なかった事を、今少し後悔しています。

12月27日 大抵失敗に終わります。

お腹が痛くて(下して)トイレに篭もったり、風邪で寝込んだりしている時、 自分の腸や頭というか、痛みに対して、脳内で「いや、ちょっと待って」「そういうの違うやん?なあ」「いやもうほんと勘弁」「わかった。わかったから。な?」「落ちつこう。とりあえず落ちつこう」「キッツイなあ、ほんま…」等と1人苦笑いで説得にあたってしまうのは私だけじゃないと信じたい。

12月26日(2) 一目散に餌に飛んでいく。

他の家族(主に母)がタロに「待て」の命令を出している横で、「よし!」と叫ぶのがマイブーム。

12月26日 作詞作曲:父。

居間にて。

微妙に嫌がるタロ(犬)を匍匐前進で追い掛け捕獲し、「タ〜ロちゃーん」「タロちゃんはずっとパパと一緒にいるんやで〜」「好きよ〜タロちゃん」と甘い声で囁いて抱きしめながらゴロゴロする父(54)を横目に、妹(16)に「ほら、あれがあんたのお父さんやで。直視しろ」と言ったところ、しばらくの沈黙の後、「お姉ちゃんは知らんやろけどな、お父さんこないだ"うんこの歌"歌ってたんやで」と言われました。

それ以上詳しく聞くのは怖かったので姉妹の会話は中止。

12月25日(2) これからもずっと仲良くしてください。

そして今日。「イブが終わったんならクリスマスが終わったも同じだよな」と思いつつ、私はわりと嫌らしい人間ですので、「ネットなんてしてる場合じゃないヨネ!とかいう人ばっかで、イブだけアクセス数があからさまに減ってたら切なすぎる」「ここ見てる人の大半があっち側の人間だったらどうしよう」という思いとともに、ひさしぶりにreadme!見てアクセス数チェックしてみたら、今までサイトやってきた中で1・2を争う程のアクセスが叩き出されていてたまげました。

サンタさんにプレゼントをもらった気分です。私は、1人じゃない。


今ここまで書いたところで、ふと、

カップルが部屋でまったりPCを前に肩並べながら、「わー。何このサイトー」「な。こんな変な女いるんだな(笑」とかいう会話をしている様子

が思い浮かんだんですけど、さすがにそれは被害妄想が過ぎますよね。ねえ。

12月25日 三千世界の鴉を殺し お前を殺して俺も死ぬ。

【イブの事】

起きてインターネットをした後、薬を貰いに病院に行ったら、待合室にカップルがいました。こんな所で遭遇するとは予想外だったので驚きました。「具合の悪い彼女を心配してついてきた彼氏」という心温まるシチュエーションぽかったです。他の人もいっぱいいて、テレビからは「やまとなでしこ」が流れていました。
 その状態で1時間以上たって、隣にはカップルで、テレビでは松嶋奈々子とMISIAで、お腹も空いて、私はイブの夜に一体何をしてるんだろうと思ってしまって少し悲しくなった所にお父さんから電話がかかってきて、何だろうと思って出たら「キューちゃん漬け買ってきて」とだけ言って切られました。

1時半待って薬を貰ってキューちゃん漬けを買って家に帰って、お母さんがハンバーグを作ろうとしていたので手伝おうとしたら、ミンチから明らかにおかしい臭いがしました。
 「大丈夫大丈夫」と言いながら香辛料をブチ込んで誤魔化そうとするお母さんを「いや、ホンマ臭うってこれ!」「今から別のミンチ買いに行くから待って」「ヤバいから!」と説得して、やっとメニューを変更してもらえました。

イブに口にしたものの中で一番美味しかったのは、お茶です。


カップルは、計6匹見ました。

12月24日(2) ウィッシュユアメリークリスマス。

イブの唯一の予定である、「病院に行く」をこなしてこようと思います。

「彼氏がいない頃より今の方がカップルが憎いよ」と友達に言ったら、一言「かわいそう」とだけ返されました。泣いてない。


赤と緑だらけの町に彩りをそえるべく、小豆色のセーターで出かけてきます。

12月24日 朽ち果てるまで放置の姿勢を貫きたい。

クリスマスイブの朝。

珍しく顔を出した太陽に浮かれてカーテンを開けた私を迎えてくれたのは、ベランダに転がっているセミの死体。

12月23日(2) クリスマス当日に関しては、予定すら。

クリスマスイブに唯一入っている予定は「病院に行く」です。


YAHOO等の検索サイトにて、わけのわからない単語ではわんさかヒットするうちのサイトなんですが、私が1年半前に丹精こめてノリとテンションだけで書き上げた「赤軍☆パジャマパーティ」でヒットしないのは本当に納得がいかない。

あと余談として、この「赤軍☆パジャマパーティ」をアップした日、メールフォームから一言「キモイ」ってメールが来て、そういうメールは後にも先にもあれっきりだったんですが、「今日の日記がキモい」のか「普段からキモいと思っていた」のか「常にキモい」のかがわからなくて、その後数日悶々とした日々を過ごしたことを思い出しました。

12月23日 作文。

題名 『犬』

うちの犬は、よく、頭を抱えています。

12月22日(2) ピテカントロプスになる日も近づいたんだよ。

私は毎年季節の変わり目になると、同じ個所の皮膚が荒れて、同じ病院に行き、同じ先生に診てもらい、同じ説明をされ、同じ診断が下るんですが、貰う薬だけが毎回全然違うって一体どういう事なんだろう。

名前も成分の記述も一切無く、「ひどい所」(に塗ってください)っていう手書きのシールだけがついたチューブが怖いです。

12月22日 知らなかったよ。地元にあったよ。

ものすごく恥ずかしい事をサラっと言います。

「あれは良いよ!」という評判を聞いてから、私はずっと「クレージュ」のカラーペンシルが欲しくて、地元を探しまわってみたりネットで検索をかけてみたりしても見付からず、サイト上で質問して「ソニプラにありますよ」と教えて頂いて行ってみたものの、店内を10分以上探しまわっても見つける事が出来ずに「もう何だよ!」とキレかけていたんですが。

← これ、「クレージュ」って読むんですね。

12月20日 寝覚め最悪。

忘年会に行って来ました。

オフレポ【開始まで】編
 ■ダイソー(2件)とソニプラに行きたかったので6時頃に到着(集合は7時半)。
 ■例の如く、フィーリングだけで突き進む。
 ■「ダイソーは錦市場の近くですよ」という情報を頂いたのでそれを参考に歩く。
 ■私、京都で迷った場合、まず間違い無く錦市場に迷い込んでしまうという性質があるんですが、何故か探そうとして行くと辿りつけないというミステリー。
 ■それでもフラフラし続けていたら何とか到着。
 ■その後、もう1件のダイソーに行くべく放浪していたらソニプラに辿りつく。
 ■女の子いっぱいの店内にくらくらする。
 ■目当てのクレージュのカラーペンシルが品切れしていたので軽く絶望。
 ■しょうがないからまた歩いて2件目のダイソーを目指す。
 ■目当てのモノを全部ゲットできたのでほくほく。
 ■で、気付いたらまだ集合時間まで1時間以上あった。
 ■私の予定ではもっと迷うはずだったのに…!
 ■しょうがないのでブックオフにでも行くかと思ってウロウロしていたら、迷い倒す。
 ■ようやく辿りついた頃にはもう集合時間15分前で。
 ■だいぶ痛くなってきた足を引き摺りつつ集合場所を目指す。

オフレポ【集合】編
 ■集合場所はさぞかし賑わってるんだろうと思っていたらそれらしき人が全く見つけられなかった。
 ■ちょっぴり泣きそうになりながら唯一番号を知っているサイトウさんに電話。
 ■ようやく合流できた直後、senさんに「お前ソニプラの前で俺と目合ったのに無視したな」と言いがかりをつけられる。
 ■主催以外にマトモにコミュニケーションが取れる自信があるのがこの2人だけだったせいか、なじったりなじられたりsenさんの眼鏡をはたき落としたりしているうちに他の人達の集団から離れまくっている事に気付く。
 ■「わ、輪に入れない子っぽいよねこれ!」と必死で中に入れてもらう。
 ■可愛い子ちゃんに「全然普通じゃないですか」というような事を言われて安心する。
 ■「彼氏の写真見せろよ」というわけのわからない事を言われたので「あれ全部妄想だよ」「彼氏とは寝る前と酒飲んだ時にだけ会えるんだよ」「可哀相な子なんだから優しくしろよ」という心温まる会話を交わす。

オフレポ【飲み屋】編
 ■遅れて来た主催がいつの間にか合流してた。
 ■それと入れ違いに、「ダイソーでワイングラスを買ってくる」と出て行った人がいた。
 ■なんか誕生日プレゼントとかもらっちゃいましたよ!
 ■ハート型のクッション&乳首クリーム6本。
 
 ■しかも乳首クリームくれたの男の子だった。
 ■衆人監視の中、「綺麗な乳首になってくださいね」って。
 ■だから私は(綺麗じゃないけど)乳首には塗ってないんですよチキショウ…!
 ■その場で乳首クリーム配布会が始まり、女子2人と男子1人がお持ち帰りになりました。
 ■私の真後ろが女子達の集団になっていて、背中に「女の子オーラ」をヒシヒシと感じながら、隣のヨシモトさんに「ま、負けじとキャピキャピしましょうよ…!」と言ってみるものの不発に終わる。
 ■「大阪があって、兵庫で、その隣が鳥取ですよね」と言って思いっきり訂正される。
 ■その後は色んな席をウロウロしていたと思います。
 ■明らかに意識が飛んでるっぽい人や、明らかに飲めない酒を飲んで壊れているっぽい人や、「誰かサイレンの話しようよ」と言っている人がいた。
 ■頭にボンボリつけて「ONE PIECE」の最新刊を携帯している25歳もいた。
 ■「○○さんて知ってたりします?」「うわ。知り合いですよ!」とかいうような会話がそこかしこでなされていて、「世間狭いなあ」と思っていたら、私もその例に漏れず共通の知人がいる人に遭遇して死にたくなる。
 ■傷痍軍人と丸尾末広と水島二等兵の話を拝聴。
 ■ひょっとこの饅頭とか生チョコを頂く。
 ■ベロンベロンになってた人(レンズの入ってない眼鏡着用)が、帰り際、玄関でいきなり「痛い!関節痛い!」とひっくり返っていたのが面白かったです。

オフレポ【その後】編
 ■半数くらい帰るのかなと思ってたら2次に行かないのは私と反次郎さんと加藤さんだけだった。
 ■盛大なお見送りをされる。
 ■3人で帰りながら、「この道こっちですよね」「いやいや!こっちですよ!」と加藤さんに思いっきりお世話される。
 ■加藤さんとは途中で別れ、反次郎さんが最後までお付き合いして下さる。
 ■コートの胸元からクマのぬいぐるみを覗かせている反次郎さんと帰る。
 ■あきらかに「心に隙間があいてる人」みたいに見えた2人だろうと思います。
 ■駅で電車を待っている最中、クマさんと会話を始めた反次郎さんを横目に、「他人のフリをしてもいいですか」という言葉を堪えられなくてすいません。
 ■その他、多分色んな失礼をすいません。

飲み会中はテンションが上がっていたのと酒の勢いでかなりベラベラしゃべって楽しかった記憶があるんですが、一晩あけて考えてみるに「あれは酷くないか…?」と思えるものがズラズラと上がってきてこれ以上は何も思い出したくないので思考を停止させて頂きます。「忘年会」なのに忘れたい思い出をまた増やしてしまった気がします。すいませんすいません。


参加者の方への私信集

12月19日 胸と腹が痛い。

忘年会当日です。

これから着替えたり髪の毛のうねりを矯正したり顔を覆い隠したり気を落ち着かせたり自分を見失ったりして準備をするわけなんですが、なにぶん私は人間というものが全く出来ておりませんので、確実に失態を晒すであろうという予想のもと、あらかじめ思いつく限り謝っておこうと思います。

  • 当方、大人数の中に入ると居場所を見失うという性質のため若干浮いた空気を醸し出してしまいますが、見て見ぬフリ等して頂けると嬉しいです。すいません。
  • 土下座とかわりと簡単にすると思います。すいません。
  • 「臭いが不快」に関しては出来るだけ対処しますが、「容姿が不快」「存在が不快」という事に関してはいかんともし難いので耐えてください。すいません。
  • 人の名前と顔をなかなか覚えられない頭の弱い女ですので、名前の呼び間違い・サイト名の呼び間違い等やらかしてしまうかもしれません。すいません。
  • 酒が入るとテンションが上がって、9割方の確率で空回ってしまうでしょうが、そっとしておいてやってください。すいません。
  • セクハラは積極的に、男女を問わず行います。すいません。
  • 腹の肉とか普通に掴んで頂いて結構ですが、その場合はギブアンドテイクでお願いします。すいません。
  • 緊張しているだけでなんです。すいません。

12月18日(2) 白痴美。

今頃、「ファインディングニモ」のシャレで「ファインディング俺」っていうのを誰か絶対書いてんだろうなあ。馬鹿馬鹿しいなおい。発想が単純すぎるっつーの。何それ、「自分探しの旅」とかいう意味もこめてんの?ほんと笑う他ないなあ。で、それを恥ずかしげもなくワールドワイドウェブ上に乗っけてるわけ?アーカイブに拾われて一生残っちゃったりしちゃうわけ?じゃあちょっと検索かけて、そんな親父ギャグ大好きっ子さんがどんだけいるのか確かめてやろうかなー。さーて何人ひっかかるかなー。

と思ったのは自分だけだったという事に気付いた時の脱力感と孤独感があなた方にわかりますか。(参照

12月18日 役名すらロクに覚えてない。

「北の国から」なんて、田中邦衛とジュンとホタルと宮沢りえと岩城晃一がどうのこうのという話だというイメージくらいで、何の思い入れも全く無かったんですが、昨日の「北の国から98〜時代〜」のホタルとの結婚&妊娠を邦衛に報告するシーンでボロッボロ泣いてしまったのは何なんでしょうね。

北の国には魔物が住んでる。


このクソ寒い中、本当ならコタツから一歩も出たくないんですが、「明日の忘年会に履いていけるような靴下が真剣に1足たりとも無い」という、やんごとない理由により出かけてきます。

12月17日(2) ヒルキラー。

サイト用に使うメールアドレスを変えました。

新メールアドレスはこちら → elegant@s12.xrea.com

私のアドレスを登録して下さってる方なんてあんまりいないとは思いますが、変更よろしくお願いします。

今までの yamada-y@rose.freemail.ne.jp のアドレスは停止するわけではありませんが、あんまり頻繁にはチェックしないと思うので、そちらの方に送られるとただでさえ遅い返信がますます遅くなってしまう可能性がありますのでお気をつけ下さい。

12月17日 お家につくまでが遠足です。

23歳の冬に得た知識:無駄毛を剃ると寒い。


昨日のお願いに答えて下さった方、ありがとうございました。

クレージュはほぼ確実にソニプラに置いてあるとの事、ダイソーに関しても「寺町錦通りを上がった所」と「河原町六角」の2ヶ所にあるという情報を頂きまして、安心しております。

これで、残る課題は「私が迷わずに辿り着けるか否か」という事だけになりそうです。

12月16日(2) 他力本願万歳。

一部の悩める方々へ。

6日の日記に書いていた、「ピンクの乳首クリーム」の外観はこちら↓

ピンクの乳首クリーム  ピンクの乳首クリーム

 【乳首クリームQアンドA】
  Q.前に4本も買ったっていうのに、また買ったんですね。
  A.はい!


その他
 ■16日午前3時〜午後2時の時間帯に、私にメール・メールフォームを送られた方がいらっしゃいましたら、もう一度送りなおして頂けませんでしょうか。メールサーバーが停止していたようで、受信できていません。
 ■クレージュのカラーペンシルを探していて、忘年会行くついでに買ってやろうと思っているんですが、四条河原町界隈で売ってるお店をご存知ありませんか。とりあえずソニプラには行ってみようと思っています。
 ■上記と同じ理由なんですが、同じく四条河原町界隈にダイソーってありますか。

12月16日 テクマクマヤコンヤンパラヤンヤンヤン。

昨日は結局、「チャリで20分以上かけて移動+デパートの中に1個しかないATM+そこに並ぶ多くの人達」という条件の下、必死で平静を装いつつ振り込みを試みた所、機械に嫌われ「それは出来ません」と音声付きで跳ねつけられ、背中にヒシヒシと感じる人の視線に気付かないフリをして最初から手続きをやり直すような度胸もなく、何事もなかったかのようにその場を後にし、再び30分以上かけてチャリをこいで別の小さな郵便局のATMにすがりつきようやく成功にこぎつけたという、とんだ負け犬人生でした。

12月15日 時の流れは残酷ですね。

昨日びっくりした事
 ■フセイン元大統領が拘束。
 ■仮にも付き合っていると思っていた相手から、「おめでとう」の電話もメールの1通すらもらえなかった。

今日びっくりした事
 ■ネット通販で買い物をしたのでお金を振り込まなくちゃならないんですが、「他人の口座への金の振り込み方」がサッパリわからないという事に今(あと1時間以内に行かなくてはいけない)気付いた事。
 ■こんな状態なのにもう私は23歳なんだという事。


メールや掲示板で「誕生日おめでとう」のメッセージを下さった方、ありがとうございました。レスは後ほど…!

12月14日 戸籍上だけは成長。

23歳になりました。

私のミスでログが飛んじゃってるんですが、去年の誕生日は、私の好きな人達がご飯を奢ってくれて、ケーキを買ってくれて、ロウソクを立てて歌ってくれて、日記でネタで「欲しい」と書いていた物を本当にプレゼントしてくれて、あんまりにも慣れない状況にテンパってしまう程の扱いを受けました。

あの時もらったマフラーは本当に大好きでいつも使っているし、本は今でも大事に本棚に並べているし、CDもこれでもかっていうくらい聴き倒しているし、傘も遠出する時は必ず持ち歩いているし、あと、後日の年末オフ会(これまたログ紛失)で頂いたぬいぐるみもベッドの横にありますし、ハンカチもフル活用させて頂いています。

去年の今頃の私というのは卒論やら卒業やら何だかんだでだいぶ行き詰まっていて、なんかもう記憶すら曖昧になってる部分が大半なんですが、「今までで一番思い出に残った誕生日は?」と聞かれたら真っ先に言いたい位嬉しい出来事でした。本当に本当に、嬉しかった。

ただ、慣れない状況&嬉しさハイテンションのあまり酒に逃げ、杏露酒とウーロン茶を両手に抱え、混ぜては飲み、飲んでは歌い、飲んでは混ぜ、混ぜては飲みを繰り返し、暴言を吐き、最後の方は嫌がる男友達を笑いながら追いかけまわした挙句、雑魚寝をしていた布団をはいで肩を押さえつけ、「いや、待て!山田!わかったから!な!」と真剣にビビらせた事はわりと積極的に忘れたいです。

12月13日(2) あと1日。

「22歳のうちにやっておくべき事」として「安倍なつみの"22歳の私"を熱唱」というご意見を頂いたんですが、ちょっと調べてみたところ、歌詞には「自信」やら「夢」やら私には縁遠い言葉が散りばめられていて逃げ出したくなったので、代わりに「22歳(谷村新司)」・あるいは「22才の別れ(風)」で勘弁していただけないでしょうか。

とりあえず、「22才の別れ」は歌詞を見ずに歌えます。

12月13日 意外とヒット数が少なかった。

起床し、PCを立ち上げネットに繋げて、真っ先に「セクシーキャバクラとは」で検索をかけた、22歳最後の日の朝。

「セクシーなお姉ちゃんと抱き合ったりチューしたりおっぱい揉んだりちょっと言えない場所を触ったりもできるけど、発射はナシ」という事がわかったので満足です。

12月12日(2) にっき。

昨日、買い物に行きました。

帰りにものすごく自転車をこいでいたら、地面の段差にひっかかって自転車が浮いて、カゴに入っていたカバンも浮いて、カバンの中に入っていた携帯が飛びました。

私はすごくびっくりして、自転車を止めて拾いに行こうとしたら、どこにあるのかわかりませんでした。 それでも探していると道の端でやっと見つけました。道のコンクリートに当たったから傷だらけでした。
 私は(嫌だなあ)と思ったけど、画面は無事だったので嬉しかったです。

その後自転車に乗ろうとしたら、カバンに入っていた家の鍵がない事に気付きました。 びっくりしてまた辺りを探しました。横は国道で車とかバイクがいっぱい走っていたので、私は(ひかれたのかなあ)とか(どぶに落ちたのかなあ)と思いました。車の人にすごく見られました。

ずっと探したけど見付からなかったので(お母さんに怒られそうだな)と思いながら自転車のカゴを見たら鍵がありました。びっくりしたけどすごく嬉しかったです。

家に帰って携帯を見ながら、(携帯がこんなにボロボロなのに、写真を撮る機械は携帯しかないから、みんなにボロボロの携帯の写真を見せられなくて残念だなあ)と思いました。ばんご飯はオムレツでした。

12月12日 ダーリン ラムネを買ってきて 二人で飲みましょ散歩道。

昼ドラ見て泣くような女ってちょっとアレですよね(必死で堪えました)。

12月11日 しょっちゅう自分の歳を忘れる。

毎朝、大音量のMisiaの歌声で起こされる不快感(隣の部屋の妹の目覚ましCD)。


誕生日まで3日を切りまして、もうすぐ私は23歳になるわけなんですが、毎年毎年この時期になると妙な焦りというか強迫観念に襲われてしまいます。誰か、「22歳のうちにこれだけはやっとけ」というようなものがありましたら教えてもらえませんか。

とりあえず、コンビニでのおでんの買い方はいまだにわかりません。

12月10日 そうだ、モンゴルへ行こう。

昨日、地元の小さな本屋にて。

姉弟とおぼしき小学生2人が何やら本を探しているらしく店中をチョロチョロしていたんですが、その2人があるコーナーの前を通りがかった時、突然弟が姉にむかってものすごい勢いで「そっちの左側は見たらあかん!」「変態が見るコーナーや!」「絶対見たらあかんで!」と大声で注意。

姉は「ああ、うん」程度で流していたんですが、弟はその後もそのコーナーに姉が近づきそうになる度に「変態のコーナーや!」「変態になるで!」を連呼。

で、その時その「変態のコーナー」の前で仁王立ちしていたのが私なわけでね。


「忍たま乱太郎」やら「ブラックジャックによろしく」やらと同じ棚に、乳を放り出した女が表紙の成人男子向けコミックスを置いてる店にも問題はあると思うんですが、しかしあの子は何であんなにも過敏な反応を。お姉ちゃんを守りたい&照れ隠しはわかるんだけど。わかるんだけど。おばちゃん、喧嘩売られてんのかと思っちゃったよ(^-^;)

12月9日 それは机ではなくて太郎です。

1.2月にオフで会った人に借りた本をいまだに返せていない。
 2.しかもその本が「テキストサイト大全
 3.最近生身の男と関わりが皆無。
 4.て言うか人との関わりが皆無。
 5.お酒飲みたい。
 6.むしろお酒に逃げたい。

という動機から、[3H]主催の忘年会に参加させて頂く事になりました。

とは言うものの、普段から対人コミュニケーション能力に欠けている私ですので、日々増えていく参加者名簿を見ながら小刻みに震える日々を過ごしています。
 今あらためて見てみたらほんとに危ない。普通に話せそうな人が1〜2人しかいないという、受けとめたくない現実。

特技の「逃避」コマンドを実行する可能性が無きにしもあらずなので私は今のところ「参加予定」程度にとどめてもらっているんですが、もし京都界隈在住で当日ヒマだー。という方がいらっしゃいましたら参加申し込みをしてみたりしてみてもいいんじゃないでしょうか!で、私のフォローとか介護をして下さったらなお良いんじゃないでしょうか!

ちなみに当日の私の服装は、メガネ+ポニーテールにピンクのリボン+胸に「アディダス」とプリントされたトレーナー+ミニスカ+三つ折りソックス+手作りナップサックという、とびっきりのオシャレスタイルになる予定です。視線は常に下斜め45度で小さい声でボソボソしゃべったり、たまに部屋の隅とかを見てクスっと笑ったりする所が自分でも可愛い所なんじゃないかと思います。目印は胸にさした赤い羽根です。

12月8日(2) 毎朝、君の作ったコーンフレークを食べさせてくれないか。

「ご両親の馴れ初めは?」アンケート集計(回答数19通)

  • 見合い … 5
  • 学校 … 5
  • 職場 … 4
  • 友人の紹介 … 1
  • その他 … 4

「その他」の内訳

  • アパートの隣人
  • 父の下宿先の大家の娘が母だった
  • いとこ
  • 母の帰り道で父が待ち伏せ

という事で、意外と見合いが多い事にびっくり。皆さん堅実なんですね。しかし一方で「待ち伏せ」なんていうちょっとギリギリっぽいものまであったりで、人生の色模様を垣間見た思いです。

あと馴れ初めと共に終焉の様まで教えてくださった方が何人かいらっしゃいまして、「離婚しました」とか私聞いちゃいけない事聞いちゃったんじゃないかと思ってしばらくPCディスプレイ画面の前で挙動不審になってしまいました。すいません。とりあえずすいません。全然関係ないですけど、馴れ初めがナンパの場合、披露宴では「お二人は友人の紹介で出会い〜」って紹介されるんですってね。


一部詳細(BBSからの転載も含む)

>両親の馴れ初めですが、職場で知り合ったみたいです。恐らく。この話題になるとどちらも言を左右して教えてくれません
 「職場で知り合う」と言われると、男が「今夜どう?」と書いた紙を女の机の上の書類にそっと忍ばせる、というような風景しか想像できない私のためにも掘り下げて聞いてみるべきだと思います。

>ちなみにうちの両親のなれ初めは「学生紛争」です。東大安田講堂とかが大騒ぎになって入試が無くなったりしたアレです。
 そういうテンションが高揚した状態というのはやっぱり何かが生まれやすいんでしょうか。「2人で1つのヘルメットを分け合った仲」とか。

>なんとなく友達づきあいしてる延長で同棲が始まって、そのうち私ができちゃって学生結婚。だそうです。
 学生結婚とはすごい。親御さんの説得とか、想像しただけで胃が痛くなれますね。

>母が友達とボロアパートで一緒に住んでおり、その隣人が父でした。父が母を気に入り、隣だということのもあって、あっというまに結婚しちまいました。
 なんかドラマチックっぽいですね!「お醤油貸してもらえます?」「じゃあついでに僕もお貸ししますよ」みたいな!…何で私の発想力はこんなに貧困なんでしょう。

>お見合いです。その時の親父は、スーツを着ていこうとしたらスーツにカビが生えていたので、私服で見合いに来たつわものです。
 そんなお父様を選ばれたお母様もつわものですね。

>ご両親の馴れ初めは?ということですが、ウチの両親は小学校の同級生でした。そのせいか、母は絶対に同窓会には行きません。
 さすがに「小学校時代から付き合っていた」とかじゃないですよね…!確かに同窓会は行き辛そうですが、私の友達にも「クラスメイト同士で付き合っていたけど破局したカップル」がいるので、それもそれで「2人とも呼んでいいんだろうか…」等とまわりが気を使いまくっています。

>うちのとーさんの大学時代の下宿先の大家の娘がうちのかーさんだよ。
 「大家さんの子供さんへのアプローチの仕方」が全くわかりません。

>なんかもてない二人組みが、いくつかの見合いを繰り返し、「・・・するか」というタイプのモノだったようです。可哀想であんま聞けない。
 うちも、母はともかく父(私にクリソツ)の恋愛事情に関しては怖くて聞けません。

>ウチの両親はお互い、親数ギリギリアウトのいとこ同士で、大阪生まれの父が東京生まれの母の所に遊びに行ってやっちゃって出来ちゃったのが僕で、何だか色々明朗会計な末の結婚と相成った次第の模様です。
 じ、人生波乱万丈伝…!いとこって確か婚姻OKだったような気がしないでもないんですが。

>うちの両親は中学のときからずっと付き合ったままでゴールインしました。座席が前と後ろで、オトンがオカンのお下げを引っ張ったりしていたそうです。
 うわあ。すごい歴史ですね。中学生時代なんて私、付き合うどころか引っ張られるおさげすらありませんでしたよ!今からでも遅くないから誰か引っ張れよオイ。

>取引先(?)の会社にいた母に、手紙を渡したことから始まったらしい。
 ろまんてっくじゃないですか。

>家の両親のなれ初めも、お見合いです。父方の祖父が亡くなり、いつまでも結婚しない父を心配して持ちかけたらしいです。問題はお見合いのあと母は断るつもりで仲人さんのところまで行ったのですが留守だったため帰ったところ妹に「眼鏡かけてるくらいいいじゃん!」と言われもう一回行くのもめんどくさいし、まぁいいかと結婚したそうです。
 「人生何がどう作用するのかわからない」の良い例ですね・・・!その事情をお父様はご存知なのかどうかが心配です。

>うちの両親のなれそめは、母親の帰り道でいつも父親が待ち伏せ(?)をしていたとか…。
 考え方によっては「情熱的」ということで。それ以外の考えは排除ということで。

12月8日 半冷凍っていうか完全冷凍。

ハンバーグ作成のため挽き肉をこねていたら、手が凍傷になりかけた。

12月6日 生きる事より死ねない地獄。

100円ショップのダイソーに「ピンクの乳首クリーム」というものがありまして。

いや、あのね、ちょっと待ってください。乳首は黒くないんです。乳首は黒くないんですけど、そのクリームが乳首は勿論皮膚の黒ずみ全般にも効果があるという話を聞いてちょっと試してみたら、私が「これはもう皮膚移植しか道が無いんじゃ…」と思っていた体の黒ずみがあからさまに薄くなってくれましてね。ええ、ほんと乳首は黒くないんですよ。いや、ほんとに。

ということで塗りたくっている間に1本使いきってしまったのでいそいそとダイソーに向かったわけなんですが、待ちうけていたのは「他の商品にまぎれさせて買おうと思っていたのに欲しいものがホントにこれしかない」&「その時展示されていた在庫が4本だけ」という究極のシチューション。

このクリーム、パッケージにデカデカと「ピンクの乳首」の表記と乳のイラストがバッチリと載っている代物でして、開発者はこれを売る気があるのか売りたくないのかどっちなんだ問い詰めずにはいられないんですが、「100均の商品だけにいつ生産が終わってもおかしくない」「この店で買わないと他に無い」「普通の肌になりたくないのか」「何故ベストを尽くさないのか」等の葛藤を経て、「乳首クリーム4本をひっ掴んでレジへと向かう」という羞恥プレイに突入しました。中学生がエロ本買うより恥ずかしい。

で、これだけで終わるならまだ良かったんですが、さっさと金を払おうとふとレジの兄ちゃんを見たら、なんだか見覚えがと言うか、あなた中学の時一緒でしたよねと言うか、高校でも一緒でしたよねと言うか、私の友達の友達でしたよねと言うか、お互い口はきいたこと無いですけど顔だけは知っていますよねと言うか、なんで私がわざわざ裏向けて差し出した商品を軒並み表(乳首イラスト)側にひっくり返してくれるんですかと言うか、今この瞬間私は世界で一番乳首の色に必死になっている女に見えるんじゃないですかと言うか、早く私を殺してください。

逃げるように帰ってきた今、声を大にして言いたい事は、「たしかに乳首はピンクじゃなくて黒寄りだけど、そんな事より必死なのは体の(ちょっと人には言えない場所の)シミなんだよ!」です。


ちなみに他のダイソーオススメ商品

  • 酒しずく…化粧水です。お肌潤いまくり。
  • ヒアルロン酸…美容液(?)。酒しずくや化粧水に混ぜて使う使用法が一般的です。肌がプルプルになりますよ!
  • ロイヤルゼリー配合栄養ローション…美容液ですが、これは肌よりもむしろ睫毛につけています。左目の下睫毛があきらかに伸びた。
  • スムーズベース…化粧下地。リキッドファンデーションと混ぜて使ってもいいようです。
  • ビューティーコスメマスカラ…ちゃんと睫毛がわかれる&にじみにくい。

合わなかったら合わなかったで「まあ100円だしなー」で諦められるのが良い所だと思うので、機会があれば試してみてください。乳首クリームも是非。是非…!

12月5日 幸せは途切れながらも続くのです。

サイトの色合いを変えてみました。


2年前の大学3回生の冬、まわりに置いていかれまいとして就職活動を試みた折、就職情報メールの受信用にyahooで無料メールアドレスを借りました。

で、就職情報サイトにエントリーしたのは良いものの、卒業すらおぼつかない状態の中、毎日毎日毎日送られてくるメールに精神的に追い詰められ、そのうちメールのチェックすらしなくなって放置すること1年強。
 昨日その存在をものすごく久しぶりに思い出したのでログインしてみると、「メールボックスがいっぱいでこれ以上受信できません」状態にまで達していました。

そのほとんどが就職活動用の会社情報やらセミナーの案内やらだったんですが、どうやらどっかにアドレスが漏れていたらしく、アダルト広告やあからさまなウイルスやらが素敵に送りつけられており、挙句「俺はタカっていう名前だよ。21歳大学生です。メル友にならない?」なんてのも届いたりしていて、まあそれはいいんですけどそれを送ってきた相手の男のアドレスが「taka-yukari-love-20010224@docomo.ne.jp」とかで、あんたそのアドレスでよくそんな堂々としてられるなと言うか、2001年の2月24日から付き合い出したユカリちゃんとはどうなってるんですかと言うか。

他にも何をトチ狂ったのか自己紹介文と共にいきなり臨戦体勢のチン○の画像を添付して送って下さっている殿方がいたり、しかも多分自分で剃ったんだと思うんですけどその局部の毛が一本たりともなかったり、その画像に写っている顔はどう見ても30代後半にしか見えなかったり「どう思いますか?感想聞かせてください」なんて言われちゃっても、ほんと私が言えるのは「あなた達、いいんですかそれで」くらいのものなわけで。

12月4日(2) 部長!課長!手帳!

最近一番びっくりした事

新しい化粧下地を買ったのでひさしぶりにファンデーションとかちゃんとつけてフルメイクをしてみたら、夕方になると顔がえらくテカって「うわあ。この下地私には合わなかったのかなあ」と思っていた翌日、何一つ手を加えてないスッピン状態でも全く同じテカりっぷりを発揮しており、テカりは120%私の油分だったという事に気付いた時。

12月4日 この全ての条件を満たす女を初めて見た時の衝撃といったら。

  • ちょっと鼻にかかった舌ったらずな喋り方。
  • しっかりしてそうなんだけど、自称天然。
  • 些細な事でも「きゃ〜」等の声をあげてはしゃぐ。
  • 自己主張が好き。
  • 髪の毛を数cm切っただけで「私変わったの気付かない?」と聞いてくる。
  • 赤子や動物を見ると「かぁわいい〜〜」とすっ飛んでいく。
  • 自分が人より秀でている部分に関して、聞かれてもいないのに「私○○だねってよく言われるけど自分ではそんなこと思わないし、逆にコンプレックスなのに…」等と語る。

こういう女の子を目の前にして「好感が持てるなあ」と思える方は、ものすごく人間が出来ていると思うのですが、そういう人がこういう女にひっかかっちゃうのはものすごく勿体無いと思うので気をつけてください。私だってなれるもんならこんな女になりたい。

12月3日 ふり向けば優しさに飢えた優しげな時代です。

ブーツ購入から2週間。心なしか、何だか購入時よりもスっと履けるようになっている気がします。

考えられうる原因
  1.痩せた。
  2.気のせい。
  3.皮があまりの肉厚に耐えかねて伸びた。
  4.めんどくさがって靴下を履かずに素足でダイレクトに履いているから。

「1」以外の答えならどれでも納得できます。


あとブーツを買う時は失念していたんですが、私は「どんなに平坦な道ででもこける」「歩いているだけで足首をくじく」「自分で自分の足につまづく」というような特技を持っていまして、それはもう履いてるものがサンダルだろうがスニーカーだろうがこの法則は適用されます。

そして、そんな私の買ったブーツのヒールは5cm。

「走らなければならない状況」「階段」はそれはもう当然のように避けて、もっぱら「自転車での移動→歩いて少しウロウロ」程度にとどめているんですが、以前ミュール(当然低ヒール)を履いていた時、自転車のぺダルをヒールで思いっきり踏み外し、バランスを失って危うく田んぼに転がり落ちそうになった思い出が常に脳裏をよぎります。私は、やる女です。

12月2日(2) いまだに「米倉涼子」で来る人の多い事多い事。

 色んな言葉で来てみよう!!YAHOOからこんにちは・18〜
                (こんな単語で検索をかけた方がいらっしゃいました)

  • 「膀胱が痛い」 ― 排尿時の痛みに関してなら、語り合える自信があります。
  • 「キャベツとレタスの違い」 ― 「硬そうなのがキャベツ」という基準で見分けを試み、失敗し続けて早2年になります。
  • 「2003年 田原俊彦」 ― 2003年、彼に何が。
  • 「素肌で革命」 ― TMレボリューションのキャッチフレーズですか。
  • 「DVD モザイクでか」 ― あれは小さければ小さい程良しとされるものではないんですか。
  • 「Lavie NX LT23D/5 ゲーム」 ― 全く同じPCでネットゲーム「ウルティマオンライン」をプレイしています。低スペックに優しいUOをあなたも是非…!
  • 「塾女 おばあちゃん」 ― 熟年の塾講師を求めているんですか。
  • 「出会い系サイト 坊さん」 ― そんな羨ましいサイトはどこに!どこにあるんですか!出会わせろ!
  • 「ゴムに穴を」 ― 計画的なご出産ですね。
  • 「試験 朝 豚カツ」 ― センター試験の時、それで腹を壊しました(実話)。
  • 「寝起きのめまい」 ― 「運動不足・自律神経の乱れ・脳の疲労」→「病院」
  • 「ショーツ 柔道着」 ― 私の体験から言うと、女子はもれなく履いていますが、男子は着用していない人が少数ですがいらっしゃいます。
  • 「舅 嫁 動画」 ― 大人って。大人って…!
  • 「男根 画像 女性向け」 ― 男性向と女性向にどう違いがあるのかわかりませんが、とりあえず「男根 画像」で全てを見ておけばいいんじゃないでしょうか。
  • 「告白 返事 ありがとう」 ― ごめんなさい。
  • 「山田の笑い声」 ― 最近、「フッ」とか「へッ」とかが多いです。荒んでいるんでしょうか。
  • 「ショーツ型ナプキン」 ― 着用した友達いわく、「すごい」
  • 「ビキニand腹痛」 ― 腹が冷える→下る、は自然の摂理だと思います。
  • 「ふらむ 引き篭」 ― 「ぼん」と「もり」を略した理由はなんですか。否定できないのが一番腹が立ちますチキショウ。
  • 「レイキ 結界」 ― えーと。家の四方に盛り塩とかしちゃってるタイプの方ですか。
  • 「急所 女+わからない」 ― 男女どちらでも、とりあえず目を狙えばいいんじゃないでしょうか。
  • 「画像 ひきこもり」 ― 「暗い部屋でじっと座って畳の目を数えている」or「メガネ+アニメキャラのプリントTシャツ着用で嬉々としてキーボードを打っている」のどちらのタイプがお好みですか。
  • 「おちんちんの形 写真」 ― 無難なところで「松茸の写真」とかでは満足できませんか。
  • 「女性 股間 強打」 ― 血が出ました。
  • 「霊を呼び出す方法」 ― 呼出さなくても、あなたに見えていないだけでそこらじゅうにウロウロしてますよ。
  • 「僕 おばさま ペット」 ― 私が40くらいまで生きてたら是非。
  • 「ロリコン ピノコ」 ― 設定上ピノコは18歳(姉のお腹の中で18年間生きてた)らしいのでロリコンにはあたりませんよ、という苦しい言い訳は通用しますか。
  • 「乳首すい」 ― どこの地方の妖怪ですかそれは。

12月2日 オールウェイズ・ラヴ・ユー。

妹(19)の携帯の着歌が「ボディーガード」の主題歌に変ってた。

深夜、真っ暗な部屋の中で突如鳴り響く「エンダァ〜〜イア〜♪」に戦慄。

12月1日 ほら、冬だから。

メールにて友達(♀23)と「無駄毛自慢合戦」を繰り広げた、PM23:30。

両者一歩も引かず「ナチュラリスト」「フリーダム」等の言葉が入り乱れ、笑うに笑えない結果に。

top