Log / Index

2004.3

3月31日 裏オススメレシピ。

<風邪>残すところ、鼻水と咳のみになりました。</風邪>


いくら他に適当な調味料がなかったからって、茹でた白菜に余ってたマクドナルドのナゲットのバーベキューソースをかけたりしてはいけませんよ。

同様に、いくら寒かったからって、ケロッグチョコフレークに熱い牛乳を注いだりしてもいけません。

「 まずいんだけど捨てる程でも無くて、食べようと思えば確かに食べられるけどでもすごくモヤモヤする 」という一品が出来あがります。

3月30日 I would give anything for the truth.

昨日の昼間に入った風呂が見事に凶と出まして、夜から再び咳は出るわ寒気はするわでエライこっちゃでした。日々、自分の体に無駄な鞭を入れています。


先日コンパについて書いた所、迎賓館裏口の柊さんからコメントを頂きました。

学生などが、会費を出しあって飲食したりして親睦を深める会合。
 茶話会。懇親会。「歓迎―」「追い出し―」

 コンパとは会費制の親睦会を指す言葉みたいだ。
 どうもこの通りに解釈すると、コンパが「男女の出会いの場」と云うのはおまけ要素らしい。
 そうしたわけで、あんまり気負うようなものじゃなさそうですよ。

迎賓館裏口・3月28日

「 学生 」「 親睦 」という単語が私を拒んでいる気がしてならないんですが。「 最近のオマケ付き菓子の如く、オマケ要素(出会い)が主軸になってて他の要素はラムネ5個か飴玉2個くらいの価値しかねえんじゃねえの 」と思わずにいられないのですが。もし機会がありましたら頑張ってみようと思います。「 頑張る 」という言葉が出る時点で気負ってるの丸出しですが頑張ろうと思います。

あと残る問題としては、私のコンパに関する知識は「 王様ゲーム 」「 山手線ゲーム 」の二本柱のみとなっているんですが、こっちもこっちで大丈夫でしょうか。ナウなヤングがハッスルフィーバー。

3月29日 サンデーマンデー。

風邪をひきました。

冷えピタを貼って布団に包まりながら、実家住まいの23歳のくせして37度ごときの熱で心細くて半泣きになっている自分は色々と考え直さないといけないと思いました(主に人生とか)。

あと、薬を取りに居間に降りたら、妹(16)に「 なんか病人の臭いがする 」って言われた。


そんな感じで一夜を過ごして、今はもうだいぶ楽になったので、これってもう大丈夫なんじゃね?と一発風呂に入ってやったんですが、何だかずっと頭のほわほわした感じがおさまりません。吉と出るか凶と出るか。

3月27日 青い鳥。

すいません。誰か私に「 合コン 」の定義を教えてください。

複数人の男女が揃って遊べばもう合コンですか。それとも「 食うか食われるか 」という空気の有無が重要なんですか。

23年間、「 コンパ 」と名のつくモノに全く縁が無く過ごして来た私にとって、「 合コン 」は「 ネッシー 」のような存在です。皆やったやったって言ってるけど、ほんとに存在するのかそれ、みたいな。誰か嘘だって言えよ。

念の為に言っておきますが、暗に「 誰か1回くらい誘ってくれよ 」と言ってるわけでは決してありません。
 もし私がまかり間違ってそんな場に呼ばれたとしたら、どうしていいのかわからないまま無言で部屋の隅に座ってひたすら床を見つめ続けると思います。小学生の時、クラスに必ず1人はいたような「 何かの行事や遠足等になると皆の輪から離れて黙って動かなくなる子 」状態になると思います。元・K小学校3年4組の斎藤君。今なら、あなたの気持ちがわかる。

3月26日 そーせーじえっぐまっくまふぃん。

最近の「 何やってんだろ自分 」

ブックオフにて、ガクトの自伝本をわりと真剣に熟読。

3月25日 東海道中膝栗髭。

またキャベツとレタスを間違えた。 ― 京都府在住・Yさん(23歳女性) ―

「 春キャベツ 」(普通のキャベツより葉が広がっていて柔らかい)が悪いんであって、私には全く非は無いと思います。


皆もうそろそろスマップが6人組だった事を忘れているんじゃないでしょうか。

3月24日 ひょっとこ会議。

体についたあり余る肉(小学校時代からの付き合い)を振り落とすべく、ここ最近「 1日1回は外に出る 」を日課にしているんですが、こういう人間生活における基本的な事をわざわざ日課にしている時点で、自分の引き篭もりっぷりがあらわになっているような気がヒシヒシとします。


鼻水が出て鼻の中も痒くてクシャミが出て目も少し痒いです。

この季節・この症状から導き出される病名が1つしかない事はわかってるんですが、ものすごく認めたくないので無心で鼻水をぬぐっています。

3月23日 カムバックサーモン。

「 乳房隆起とは違う胸の痛みを乗り越えて、少女は大人になっていくのです 」
        by 黒川 (岡田あーみん「 ルナティック雑技団 」より)

ということで更新再開します。
 再開と同時にサイトデザインも変えてみたんですが、根本的な部分は何も変わってないというか、ここ2年くらい同じようなデザインで色だけ使いまわしてるというか、本人も自覚はあるので言わないであげてください。本当は悪い子じゃないんです。ただ頭が弱くて性根がねじ曲がっているだけなんです。

あと休んでる間にカウンタがリセットされて数値が面白いことになっていまして、こういう体験はもうかれこれ10回近くになるんですが、これまでどおり、100%私のカンで「 何となくこれくらいなんじゃねえの? 」という数値に直しておきました。私が法律です。その気になれば1日100万HIT気取りとか出来るんですけど、そんな事したら多分涙が止まらないと思うのでやめておきます。

ただいま。

3月14日 メリーホワイトデー。恵みをあなたに。

明日から数日、サイト更新を、というかネット自体から離れます。

と言うのも、これはそもそも私が3年弱前にこのサイトを開設したきっかけでもある「 あの方 」からのお知らせで、この汚れた世界の浄化に関わる非常に重要な「 安息の時 」が来たという事です。
 あの方からの御言葉を一言たりとも聞き漏らさないよう、私は常に心を安らぎの状態に保つ必要があり、そのためにパソコンやあらゆる電気機器が発する磁波から少しでも体を遠ざけ、パトラスを確保しなくてはなりません。
 「 安息の時 」に、あなたがこのサイトを見たとしたら、あるいは、あなたには「 裏地 」からの言葉が見えるかもしれません。あなたにその資格があるとしたら。共にワイサイへと向かいましょう。

「 あの方 」と「 パトラス 」、「 裏地 」、そして「 ワイサイ 」について語るためにはとても多くの言葉と時間を必要とするのですが、簡単に言うなら、うちの父が「 フレッツADSL 」から「 フレッツADSLモア 」に回線を変更するらしく、その回線工事期間が15日〜19日でその間は何をどうやってもインターネットには繋げないようなので大人しくしていますよということです。ではまた後日。

3月13日 幸せになるためのお話。

幽霊や悪魔や妖怪や呪いや祟りなんかより、人間の方がよっぽど怖い。


最近そこかしこのサイトでよく見かける似顔絵イラストメーカーをちょっぴり試してみたんですが、「 こんなんできちゃったよー(笑 」となるつもりが、なんか妙にリアルになって扱いに困る一品ができあがってしまいました。

似顔絵

表面積を1.5倍、目をもう少し濁った感じにして、唇の色を薄くすれば、より完璧に近くなるんじゃないかと思います。何が「 完璧 」なのかはよくわかりませんが、少なくとも指名手配の時とかには使えると思います。よろしくお願いします。

3月12日 ハイリハイリフレハイリホー。

300000HIT企画の最後の1つ、「 H系の本の感想文を書く 」を残していた事を思い出し、まずは本を選ぶとこからだろうと古本屋に行ってきました。

「 H系 」という曖昧な定義の中、どういうものがいいんだろうと考えてみたんですが、成人男性向けのものとなるとこれはかなり濃くなりますし、「 液の描写が秀逸 」とか書いちゃったらただでさえ良いとは言えない私の評価が更にワンランクダウン(一部での評価はアップ)しそうだし引いちゃう人も多そうだという事で、前々から本屋に行く度にチラチラと視界に入ってきていた「 女子中高生向けのちょっぴり過激でエッチな恋愛漫画★ 」路線を行く事にしました。

男に縁も無く鬱屈した中高時代を送った私にとって、こういうものは不快以外の何者でも無いわけで、「 私の金を1円たりともこいつらの印税には入れたくない 」という信念のもと、「 古本。かつ100円以内 」の条件で少女漫画コーナーを徘徊。

「 出来るだけイってる感じのタイトル 」「 1巻完結 」「 性描写必須 」の物を何冊か手にとってパラパラと見てみたんですが、「 男(美形)が女(制服女子高生)を監禁してヤりまくって、最終的に女の子は解放されるんだけどなんか男の方が"お前を捕らえたつもりで、実は俺の心の方がお前に捕われていたんだな…"とか脳の緩んだ事をのたまって、女もそれにクラリときて男の腕にダイブイン 」という話に思わず「 今すぐ、ブーツのヒールで何かを思い切り蹴り倒したい 」という衝動を抑え切れなくなったので、魔法の呪文「 私は何も見なかった 」を唱えながらその場を後にしてしまいました。

すいません。あともう1週間程待ってください。今度こそ。今度こそ。

3月11日 モノは言い様。痘痕も笑窪。肉塊も乳。

昨日友達(♀)とメールのやり取りをしていた際、話の流れで乳のサイズの話題になり、「 でも山田さんはAカップじゃないでしょう? 」というセリフに、思わず「 デブから乳(唯一の利点)とっちゃったらあとには何が残るって言うんですか…! 」と返してしまった後、「 ほんとに何が残るんだろう… 」と数分間考え込んでしまいました。

「 存在感 」「 熱 」以外に何かありますか。

3月10日 車のナンバーって何桁だっけ。

今朝方「 誘拐犯が子供を浚う現場を目撃する 」という夢を見まして、そこでの私は「 こういう場合、警察で証言しなきゃならないかもしれないし、ちゃんと車のナンバーを覚えておかないと 」と車を凝視していました。
 地名等は読み取れなかったものの、なんとか見えたナンバーは「・・・2」

必死で抵抗しながらも車に引き摺りこまれる子供を物陰から眺めながら、夢の中の私は「 覚えやすいナンバーで本当によかったなあ 」と何だかホっとした気持ちになっていました。お前もっと他にやる事あるだろうが。助けるとか。


最近私は寝る前に日記(WEB上に書いているようなのではなく完全に自分用)を書いているんですが、昨日は布団に包まって寝転びながら書いてるうちに意識を失ったらしく、上記の夢の後に目を覚ましたら、メガネかけっぱなし・ノート開きっぱなし(わけのわからない文字が書かれてた)・ペン握りっぱなしという酷いありさまで、しかもそのペン先が思いっきり毛布に付着しており、白い毛布に鮮やかな青インクのワンポイントが。

なんとか誤魔化せないかとちょっと水つけてこすってみたら面白いようにシミが広がって、指先サイズだったのが手の平サイズに変化し、にっちもさっちもいかなくなって朝っぱらから大物洗い。太陽がまぶしかったから。

3月9日 輪ゴムでも巻いときゃいいくらいだと思う。

ホワイトデーのプレゼントという事で、好きな人に時計を買ってもらいました。
   時計

「 高価な物を1つよりも、安い物をたくさんの方に幸せを感じる 」というどこまでも貧乏性な性質の私にとって、好きな人に連れて行かれた「 ブランド物の居並ぶ店内 」は異空間以外の何者でもなく、嫌に物腰の柔らかい店員に対して「 お願いだから声をかけるな 」オーラを必死で発しながら値札を眺めていると、「 駄目だ。この状況は駄目だ 」と脳が危険信号を出し始め。

好きな人に「 他の(もっと安くてチャチい)ものにしてください…! 」と懇願するも無視され、さりげなく時計売り場を離れようとして阻止され、「 べ、別に今買わなくてもよくない? 」と話を逸らそうとしてスルーされ。

そうこうする事1時間弱。
 「 高い物買ってよ〜 」なんて言う女と「 高価な物を買うくらいならどうか安物を買って下さい 」と懇願する女はどっちが嫌なんだろうなあと、意識が遠くへ行きそうになった辺りで好きな人が「 決めないなら俺が決めるよ 」とか言い出したので、これはもう逃げられないと観念し、結局「 好きな人が同じブランドの時計を持っているから 」という理由で選びました。店員さんの「 他のものもつけてみたりしませんか? 」の言葉も一切スルーで選びました。慣れない状況に動揺しまくりで余裕無し。

上下2つの時計がついているデザインなんですが、「 上の時計を日本の時間に合わせて、下の時計を他の国の時間と合わせてみたりもできますし 」と営業スマイルの店員さんに、「 ただでさえ世間の時間とズレがちな私が世界の時間なんて… 」という言葉が喉元までこみ上げずにはいられませんでした。

嬉しいし、勿論大事にするつもりですが、こんなにも贈り物のしがいの無い女で本当に申し訳無いと思います。どこまでも社会の底辺系。

3月8日 ハイアンドロー。

帰ってきました。

待ち合わせ時間の時間より2時間も早く向こうに着いてしまったり、帰りのバスの時間より1時間も早く乗り場に着いてしまったり(当然1人ぼっち。深夜)と、良い感じに空回りました。

で、バスまでまだまだ時間があるしと小田急線新宿駅のトイレに入っていた時、女の人の話し声が聞こえてきて、個室に入ったらしいゴソゴソした物音と「 ドア閉めたと思ったのにちゃんと閉まってなかったよー(笑 」「 アハハー。駄目じゃん 」なんていうやり取りを聞いた後、ああ友達連れでトイレに来たんだなあと思いながらドアを開けたんですが、私が入っていた個室以外に閉っていたドアは1つだけで。狭いトイレの中、手洗い場にも人影は無く。

都会。都会怖い。

3月5日(2) 将来の夢はピーターパンです。

土・日の2日間、付き合っている人に会いに長距離バスで神奈川の方へ行って来ます。

■ 長野に雪が降って渋滞に巻き込まれたりしませんように。
 ■ そして渋滞に巻き込まれたバスの中でふいに排泄器官がフル稼働し始めたりしませんように。
 ■ 向こうでは「 ダイエット 」という行為を放棄する気マンマンなんですが、ここ半月かけて落とした肉が2日で戻ってしまったりしませんように。
 ■ 別れませんように。

という辺りを重点的に祈ろうと思います。帰って来るのは月曜の朝になります。

3月5日 さあ、薬箱を開けよう。

AM11時。鳴る電話。

私「 はいもしもし 」
 女「 私は○○○(行政機関)の△△市の者ですが、国民年金の件で●●(私)さんにお話がありまして 」
 私「 はい 」
 女「 ご本人ですか? 」
 私「 いいえ違います 」(即答)
 女「 何時頃ならいらっしゃいますか? 」
 私「 8時以降ですかね〜 」
 女「 日曜はどうですか? 」
 私「 土・日と家にはいません 」(本当)
 女「 わかりました。ではまたご連絡させて頂きます 」

「 国民年金 」という単語を聞いて「 特技:先延ばし 」を脊髄反射で実行してしまった事を猛烈に後悔。どうせまたかかって来るのかと思うと憂鬱で堪りません。その場で聞いときゃよかった。今日の夜かかってくるのかなあ。

「 正真正銘・無職無収入です! 」と元気に言うための心の準備中です。

3月4日(2) オーランド・ブルームは特に何とも。

近い将来、ロードオブザリング第3章を見て、第2章をもう1回見たくなるであろう私へ。

■ 「 改めて見たらボロミアも良いじゃないかおい…! 」とニヤニヤしていた、ファラミアのボロミア出発時の回想シーン。
 ■「 ああ何て可愛いんだレゴラス 」とニタニタしていた、レゴラスとギムリの「 お前は(敵を)何匹倒した? 」「 42だ 」というやり取りのシーン。

は「ロードオブザリング〜2つの塔〜DVD・スペシャル・エクステンデッド・エディション(\7741)」にしか収録されてないので気をつけるように。


この間本屋で原作の「 指輪物語 」を見かけて、おおこれか、と何気なく手にとってパラパラと見ていたら、「 レゴラス 」っていう単語が目に入った瞬間、自分の口から「 ウッ 」という正体不明の声が出ました。無意識に出ました。まわりに普通にお客さんとかがいたのに出ました。私の知らない私が出ました。

3月4日 センター分け体操。

最近見かけた、ちょっぴり心温まる光景。

近所の小さい本屋で小学生の男の子2人組が周囲を気にしながらエロ本立ち読み。


大塚美容外科のCM(CGの女の子が妙なダンスを披露)を見ていると、これはひょっとして「 どんなに綺麗にしようとしても結局、作られた物というのはどこか不自然になるものなんですよ 」というメッセージを伝えようとしているんじゃないかと深読みせずにいられません。ある意味良心的だと思います。

3月3日(2) さかむけブルース。

私の中で「部屋の掃除」と「 サイトやはてなダイアリのデザインカスタマイズ 」は同じカテゴリ内にあるという事に気付きました。

詳しく言うと、「 やりたい気持ちはあるんだけど、面倒臭い上に全く思うように進まなくて、でもそれは100%自分のせいで、なんかもう、イーッ!って来るから誰か代わりにやってくれよ 」の箱。

3月3日 同棲相手は親父の2号。

結局腹は大丈夫でした。むしろ便秘気味。幼い頃から地道に賞味期限切れの物達を食べさせ続けてくれた母に感謝しようと思います。


掃除が終わって1日。体のあちこちに、身に覚えのない青アザが。

3月2日(2) 茜丸五色どら焼き。

昼食に鍋を作ろうと思いまして、鍋に野菜を放り込み、そこに冷蔵庫にあった「 キムチ鍋の素(液状) 」をトクトクと注ぎ込んだ後、ふとそのパッケージを見てみると、「 賞味期限 2003.11.10 」という表示が。

基本的に、賞味期限に対しては緩い姿勢で生きている(1週間前の肉とかも普通に食べる)ものの、さすがに4ヶ月前っていうのは許容範囲をこえてるんじゃないかと思ったんですが、脳の裏の方から「 こうなりゃ何をどうしても一緒だろ 」という囁きが聞こえたので、更にドバドバと流し込んで食ってしまいました。

今のところ胃や腸からは何の報告もありませんが、そのうち暴動が起きるのかもしれません。食あたりって丸1日何も無ければ大丈夫なんでしょうか。腹の革命前夜。


掃除は終わったはずなのに、未だにどうしようもなく部屋の片隅に高々と積み上げられている「 処理したい本・雑誌 」を視界から消したい。ドラえもんが来てくれるのはいつですか。ふん捕まえて四次元ポケットに捻り込みたい。
 本

3月2日 伝わり辛い写真ですいませんが褒め称えろ。

before
1 2 3

after
1 2 3

ということで 掃 除 が 終 わ り ま し た !


部屋に篭もり続けて1週間弱。使用したゴミ袋は計4袋。
 混沌とした物の山から、行方不明になっていたエロゲーのCDと、何故か父親の健康診断の結果の書類を発掘しました。

あと今回の掃除で、整理が終わった今でもなお、自分の部屋の実に半分が「 人に見せられない物 」で構成されているという事がわかりました。まだ死ねない。

3月1日 おとなの絵本。

部屋の掃除戦記5日目

朝7時に起きて、ボサボサの頭と虚ろな目のままゴミ袋(大・パンパン)を捨てるためゴミ捨て場と家の間を3往復しました。

今は「 10分間ソファで放心→5分間掃除→10分間ソファで放心 」という流れを延々と繰り返しながら、まるで何かのリハビリをしているかのような気持ちになっています。

連れて逃げてよ。

top