Log / Index

2004.9

9月29日 "新書で買う程ではないんだけど欲しい本"を求めて。

「 遊びに来ていいよ 」というお誘いを受けたので今日はお出かけします。TV画面の向こうの人以外と会話するのどれくらいぶりかな…と思いを馳せそうになったので思考を中断します。大丈夫。私大丈夫。昨日も夜中3時まで真顔でプレステのコントローラー握り締めてたけど大丈夫。さっき起きたばっかで現在進行形でパジャマ姿なんだけど大丈夫。出かける予定の時間まで1時間を切ってるのにこんな文章書いてるけど大丈夫。

ほんと言うと待ち合わせは夜なので、別に今(昼)から出なくても全然大丈夫なんですが、何故に私がこんなにも焦っているかというと、友達の所に行く前にまんだらけに行きたいからです。まんだらけというのはホラ、あの、なあ。入り口やレジに当たり前のようにコスプレ店員さんがいたり、何故か店内にある特設ステージでカラオケショーが繰り広げられていたり、それ誰が歌ってんだよと思ったらコスプレ店員だったり、歌うからには上手いんだろとみせかけて芸術かと思えるほどの音程だったり、しかもその店員(素人)が何故か舞台の上でトークとかしてたり、その前でかぶりつきになってウケている数人の客がいたりするという、心の扉の鍵をガッチリ閉めておかないと入るのに躊躇してしまいそうな素敵な漫画古書専門店なのですが、まあ私はここに10回くらいは行っているので問題ないです。私の人間性以外には問題は無いです。なんでこんなことを書いてまで自分の気持ちの悪い性質を露呈しているのかよくわからなくなってきたところでそろそろ眉毛とかを描いてこようと思います。グッバイ現世。

9月28日 ワンワンレース。

タロ(犬)の最近の脱走履歴

昨日 16:00  父が開け放した玄関のドアから。
  ■ 父を叱り付け、探しに行かせる。左隣の家の庭で吠えている所を捕獲。

今日 09:15  妹(20)が開け放した玄関のドアから。
  ■ 居ないのに気付いて慌てて外に出たら、右隣の家のおばさんが吠えられつつも何とか捕まえようとしてくれていたので、「 すいません 」を連呼しつつ追いかけ回し、裏庭でやっと捕獲。

今日 10:50  裏口の網戸を自力で開けて。
  ■ 何か遠くから犬の吠え声がすると思ったらまたしても姿を消していたので、急いで飛び出したら、家から10m程離れた所で見ず知らずの男の人に吠え掛かっている姿が目に入ってきて崩れ落ちたくなる。
  ■ とりあえずこっちに向かって走ってきたので(私の胸に飛び込んで来ようとしたわけではなく単に男の人にビビって)、すれ違いざまに捕獲。

父はこれまで同じ方法で逃がした前科が何回もあり、「 油断すんな 」と言ってるんですけど全く効いてない。寝起きでの怒涛の展開に疲労しつつ、とりあえず開けられそうな場所はついたてでカバー。

ちなみにいま本人(犬)は、ソファで寝ている妹(16)の尻を嗅いでいます。のんき君…!(捕まるたび、「 え?何で? 」みたいな顔をしてた)

9月27日 逢魔が刻。

週末の発見

軽く6時間程ぶっ通しでゲームをプレイした後限界に達し、軽い興奮の中気絶するかのように眠りにつくと、目を覚ましてから30分ほど、夢と現実とゲームがミックスされた2.5次元くらいの世界が味わえます。

「 (時計を見て)あー。もう11時かあ。この時間帯はどこに行ったらイベントが発生するんだっけ… 」とか「 メニュー開くために△ボタン押さなきゃな 」とか「 犬の散歩しないとなー。あ、でも●●(ゲーム内でのイベント)とどっち先に行こうかなあ 」とかそういうの。
 呆けたまま寝返りをうつと、ゲームのキャラがゲーム画面と全く同じように私の前にいるのが見えたので(2回)、そろそろ死期とかが近いんだと思います。

えーと、何か喋ろうとしても選択肢一覧が出てこないのが現実・手を伸ばしても触れないのがゲーム。うん、区別ついてる。ダイジョブダイジョブ。コワクナイヨー。

9月24日 発症。

スーパーに晩ご飯の天ぷらうどんの材料を買いに行き、うどんを買い忘れました。

「 でも、うどんも、なんて絶対に聞いて無いし! 」と主張してみたものの、母曰く「 絶対に頼んだ 」
 一時は冷凍庫の奥底から発掘した製造年度不明の麺でしのごうと試みたのですが、「 ゆでてたらなんか白いものが浮いてきた! 」という母の声で中止に。

「 絶対に言った 」「 考えられない 」「 最近どっかおかしいんじゃない? 」等の暖かい声に背を押されつつ再びスーパーに向かい、「 でも聞いてないもん 」という憤りを静めるべくお気に入りのレジ係のサイトウくんにお釣りを貰っていたら、サイトウくんからすごい良い匂いがフワっとして、瞬間、全てを許せました。人に優しくなれると思いました。世界から戦争なんて無くなるんじゃないかと思いました。

思いながら、家までの道を半分ほど歩いたところで追加で頼まれていたお茶漬け海苔を買い忘れたことに気付き、「 そういや私来る時自転車に乗ってなかったっけ? 」ということにも気付き、引き返してお茶漬け海苔を買い(スーパー入店3度目)、置き忘れていた自転車をこいでいると雨が降ってきてズブ濡れになりましたが、人間が出来ているので泣きませんでした。

9月23日 初期症状。

秋分の日の過ごし方。

いつも使っているヘアクリップ(結構大きめ)が無い!と部屋中を探し回った後、そのクリップは実はずっと私の前髪にくっついていたという事に気づくのに半日を要しました。

9月22日 運命の出会い。

近所にある葬儀用会場の入り口真横に、「 幸せになろう会 」という看板がかかげられていました。

私は誘われているんでしょうか。

9月21日 妖精さんの仕業。

起きたら枕の位置に足を置いてた。昨日の夜いつ寝たのか、自分で部屋の電気を消したのかすら記憶がない。そして何故か腰がすごく痛い。謎。

でもパジャマは脱がずにちゃんと着たままだったので、一勝一敗でプラマイゼロ。

9月17日 「 ああいう時は無視して 」と言われました。

買い物に行こうと自転車をこいでいたら、同じく自転車に乗った学校帰りの妹(16)が正面からやってきました。

妹(16)は私には気付いていない様子だったのですが、前回、声をかけずに怒られた経験を踏まえ、2人が交差する一瞬のうちに何か姉だと気付かせるような一言を発さないといけないと思い、すれ違いざまに顔を合わせ、「 うわあ 」と言ってそのままチャリをこいで走り去ったら、家に帰ったあとやっぱり怒られました。

9月16日 皆さんは選ばれたプラチナ会員です。

私 「 お母さんが冬のソナタにハマっててさあ… 」
 友 「 へえー 」
 私 「 見たことある?冬のソナタ 」
 友 「 知ってる知ってる 」
 私 「 …どんなドラマ? 」
 友 「 えーと、ほら、あの 」
 私 「 あの? 」
 友 「 豊川悦司とかが出てるヤツでしょ? 」

一体何と間違えているのかも、どこから訂正すればいいのかもわかりませんでした。


昨日のアマゾンアソシエイトに関する追記

■ リンクからAmazonへ行き、何らかの商品を購入された時点で初めて私にポイントのようなものが入ります。(閲覧自体は影響しません)
 ■ Amazonで何か買いたいものがあった時、↓にある検索ボックスやバナーから飛ぶと山田が喜ぶ、程度の認識でお願いします。(商品料金に差は生じません)
 ■ 「 自分の懐は痛まないだろうけど、山田(他人)が得をすると自分が損をしたような気がする 」というタイプの方は多分私と同じ種類の人間だと思われます。
 ■ 心に余裕を持つってどうしたらいいんでしょう。
 ■ こんな広告をつけておいて何ですが、「 書籍しか買わない 」「 ちょっとくらい受け取りに時間と手間がかかってもかまわない 」「 1500円分も買い物しない(Amazonは1500円以上から送料無料) 」「 近くにセブンイレブンがある 」という方はイーエスブックスが便利なんじゃないかと思います。
 ■ 本屋のおばちゃん(おっちゃん)の視線に心臓をバクバクさせ、カモフラージュのためにさほど欲しくもない本を一緒に持ってレジに向かうという通過儀礼も無くエロ本を買えるなんて、良い時代になったものですね。
 ■ 私の中学時代の同級生(♂)は、勇気を振り絞って向かったレジにて、「 いやあ〜。やっぱこういうのん読みたい年頃やねんな〜。でも、ほどほどにしいや 」とおばちゃんに笑顔で肩を叩かれたという、しょっぱい経験の持ち主です。

9月15日 金で買える幸せは足が速いで。

最近、寝る前と午前中の記憶が曖昧です。

「 朝お母さんに頼まれた用事は何だったっけ? 」とか「 ゴミ捨てたっけ? 」とかその程度ならまだいいのですが、今朝目を覚ましたら枕の真横に毛抜きが置いてありました。私は一体何を。


本・ゲーム・PC等の通販サイト、Amazonのアソシエイトプログラム(広告掲載)に参加する事にしました。

そんなに説明する事も無いかとは思うのですが、普通にAmazonのサイトに行って買い物をしても、私のサイトからのリンクからAmazonに飛んで買い物をしても、特に料金に差額が発生したりはしません。


 ■ インリンオブジョイトイ2005年度カレンダー予約受付中!
 ■ 哀川翔2005年度カレンダーも予約受付中!

ただ、私のサイトのバナーをクリックしてAmazonに飛んで買い物をして頂けると、私の心に柔らかい羽がふわりと舞い降ります。目を潤ませながら、「 こんな感情…知らなかった 」とか呟きます。あとはまあ、それ以外のものもチャリンと舞い降りるのですがそこは大人の汚さで見てみぬふりをしてください。世を渡ってください。

「 広告料(売り上の数%)が一定値に達するまではお金は払いませんからね 」とAmazonさんに言われているのですが、果たしてそこに達するまで何年かかるんだろうと途方に暮れずにいられません。主に私の必死さを半笑いで見るのが正しい接し方だと思います。5〜10万円でノートPCが!

9月14日 姉として。

昨日、買い物帰りに寄ったコンビニにて、学校の体操服姿のままジャンプを立ち読みしている妹(16)を発見し、背後に忍び寄って無言で10秒ほど立ち続けてみたものの気付かれず、そのままティラミスを買って店を後にし、家に帰ってからその事を妹(16)に報告したら、「 なんで声かけてくれへんの! 」と物凄く怒られました。コミュニケーション不全。

9月13日 ある意味大人の玩具じゃないか。

私が子供だった頃から現在に至るまで、新婚さんいらっしゃいのプレゼントクイズコーナーで延々と配布され続けている「 イエスノー枕 」(表面にYES・裏面にNOのロゴがプリント)。

ずっと「 おかしなデザインの枕 」としか認識しておらず、「 イエス・ノーはプロポーズの答えに引っ掛けたジョークなのかなあ 」なんて可愛らしい考えしか持っていなかったのですが、その正しい使用目的が「 夜の生活のイエス・ノー 」にあるという事に最近やっと気付き、なんだかほんの少し大人になれたのかもしれないという思いと、「 最初はお互い並んでイエスイエス!だった枕が数年後にはノーノー!になったり、離れ離れになったりするんだろうな… 」というしょっぱい想像と、「 て言うかそもそも使わないよな 」という冷めた感想が入り乱れています。

9月10日 オレを理解できない世間がダセーYO。

最近またチョコチョコ地震が起こっていまして、1日1回はこのサイトで各地の地震状況を見てガクガクブルブルしているわけなんですけども、私、精神の不安定さが面白いように体に影響するようで(驚きの弱さ!)、部屋で普通にベッドで寝てるだけで「 え…?今揺れてない? 」「 震度1くらいじゃない? 」という感覚に襲われてテレビをつけてしまう、という事が頻発しています。つけたところで速報は出ません。何故なら揺れているのは私だけだから。私の心だけだから!

気持ちの悪い告白はいいとして、「 災害に気をつける 」のと、「 災害に怯える 」との間には深い溝があります。無意味にアタフタして消耗し、肝心な時に動けなくなるタイプであろうと自負しています。自負したところで災害対策!出来る事からひとつずつ!

ということでとりあえずベッドの枕元に積みあがっている本の群れを片付けようと思います。死因が「 パタリロ! 」になるのだけは避けたい。

9月9日 ヤられ損。

蚊というのは、人を刺す時にまず唾液を注入し、その中に含まれる物質によって皮膚の感覚を麻痺させてから血を吸うのだそうです。
 血を吸う事それ自体よりも、実はこの麻酔の方が痒くなる原因になっていて、「 蚊が腕に止まってたの見つけて慌てて叩いたよ!血はまだ吸われてなかったからセーフだよねー! 」なんて浮かれたところで、吸われてないだけで唾液が注入済みだったならもう意味は無いわけで。

何が言いたいかと言うと、今、右の二の腕が物凄くかゆい。

9月8日 時を止める少女。

おにぎりせんべいを食べた直後に外出したら、脇腹が痛くなりました。

そんな虚弱な腹をかばいつつヘロヘロと歩いていたら、隣に止まった車がクラクションを鳴らしてきたので、別に避けなきゃならない幅でも無いだろうに何だよと、あらん限りの不快さを詰め込んで「 ああん!? 」とばかりに顔を上げたら、運転席に居たのは笑顔で手を振る母でした。

9月7日 オズの魔法使いごっこ。

住宅街を歩いていたら羊と目が会いました。


平日に台風なんかで警報が出ると、雨や風が激しく吹き荒れる中、子供に向かって「 警報が出たから帰れ 」と言い放つ学校の在り方というのは果たして正しいのかと、田舎道(まわりは田んぼ。障害物皆無)を自転車で30分かけてボロボロになりつつ帰って来た妹(16)を半笑いで眺めながら思いました。

9月6日 おつかれっしたー。

人に会いに、久しぶりに京都市内に出かけてきました。

■ 駅から出た途端、降り注ぐ雨と雷が目の前に広がり、思わず本気で引き返してしまいそうになる。
 ■ 傘を買うために駆け込んだローソンの店員が半笑いだった。
 ■ トボトボ歩いていたら、前にいた観光客らしき集団が突如盛り上がってきたらしく「 アンコ椿は恋の花 」を歌い始める。
 ■ しかも揃いも揃ってサビ(の中の一部分)しか知らないらしく、壊れたラジカセの如く「 アンコォ〜アンコ〜 」を延々と繰り返すのみ。
 ■ 細い路地だったため抜かすに抜かせず、私は今何かの罰を受けてるんだろうかとその集団の後ろを付いて歩きながら、酷く悲しくなる。
 ■ 待ち合わせ場所に着いた直後に雨が止んで憎い。
 ■ 集まった人の中で京都在住なのは私だけだったため、必然的に「 入る店決めろよ 」的な空気が私の背中にヒシヒシと寄せてきたものの、「 言っとくけど私全然分からないから 」と堂々と言う。
 ■ 自分が物凄く脱ぎづらく履きづらい靴を履いてきていた事を忘れ、座敷形式の居酒屋に入ってしまうが、大人なので何事も無いように無表情(かつ必死)で靴と格闘する。
 ■ 途中から隣の席で4対4のコンパが始まり、「 うわあ。私コンパとか見るのも初めてだよ 」とドキドキする。
 ■ もう一方の隣の席(成人男性2人)からたまに聞こえてくる「 萌え 」「 必殺技 」等の単語に聞き耳をたてる事も忘れない。
 ■ 地震が来てビビる。
 ■ 店から出ようとして、砂利に足を取られて滑る。
 ■ 何故か皆そろって漫画喫茶でインターネットをする。
 ■ 座った席のPCに前の人の履歴が丸々残ってて怖い。
 ■ 後ろの席に座った人が2chのモー娘板の紺野たんスレを見ていた。
 ■ 大通りを歩いていると、ワゴンカーを路駐して、ケツメイシ「 夏の思い出 」を大音量で流している茶色い頭の兄ちゃん達がいて、「 この車に乗り込んで夏の思い出を作ろうとするような女の子はかなりのつわものだなあ 」と感慨に耽る。
 ■ 砂利に足を取られて滑る(2回目)。「 うおぅ 」とかいう声が出た気がする。
 ■ 素肌に白いスケスケのV字ザックリニットを着た男の人が前から歩いて来て、思わず会話を忘れて見入る。
 ■ ふらふらになって家について自転車を止めていたら、何だかまわりもふらふらで、私の脳もついにこの境地まで来たのかと思っていたら地震だった。

9月3日 夢を語ろう。

以前の私
  私:「 私って太ってるから〜(笑 」
  A:「 えっ…!?あ… 」
  私:「 … 」
  A:「 … 」

今の私
  私:「 私って太ってるから〜(笑 」
  B:「 …っほ、ほんとだよ。ちょっとはやせろよなー!(笑」
  私:「 …うん 」
  B:「 ……うん 」

理想の私
  私:「 私って太ってるから〜(笑 」
  C:「 えー!そんなことないよー 」
  私:「 Cちゃんスタイル良いからそんなこと言えるんだよー 」
  C:「 山ちゃんこそー。羨ましいなあ 」
  私:「 Cちゃんすごい可愛いし、憧れだよ? 」
  C:「 もー。私の方こそ山ちゃんみたいになりたいのにー 」

「 理想の私 」は、スタイル以前に何かが根本的に自分と違いそうな気がするのと、「 Cちゃん 」に相当するような人物が身近にいないのが悩みです。

9月2日 まさこうぎょう。

信号待ちの最中、隣に止まっていたトラックに書いてあった「 マサ工業 」のロゴが「 まさえ業 」に見えてしまい、一瞬にしてプレハブのような詰め所に集まって気だるげに菓子をつまむマサエ達(子供はもうすぐ高校生)が脳内に広がりました。多分電話で呼び出されて現場に向かうんだろうなあとか、割烹着と腕カバー着用なんだろうなあとか、マサエ達の中でもあのマサエが気に食わないとかでいさかいがあったりするんだろうなあと思うと少し疲れました。

9月1日 昨日の日記は陽炎です。

夏休みが終わりました。一年中が日曜日な私が勝手に作った夏休みが終わりました。心の宝箱に仕舞いたい思い出という名の貝殻も惜しむものもやり残した宿題も枯れた朝顔も日焼けした肌すらも無く、得たものと言えば「 寝ている最中に着ている衣服を全て脱ぎ捨てる 」という履歴書に書けない特技です。

これを書いている今、自分が自由研究の課題で金も手間もかけず適当に作ったセロハンテープがベロベロしてるような作品(例:空き箱で作ったお家など)が、他の子のいかにも「 親に手伝ってもらいました 」「 僕がんばったよ 」的な作品と一緒に並べられ、いたたまれない思いをしている小学生や、夏休みに思い切ってイメチェンを計ってみたものの始業式で見事に滑り倒してしまい、クラスメイトの同情と嘲笑がない交ぜになった視線を浴びながら「 明日からもう学校に来たくない 」と奥歯を噛み締めている中高生や、久しぶりに聞く校長の長々しい挨拶や追い討ちをかけるように続く生活指導の先生の説教に貧血を起こし、バッタバッタと倒れてくれる女子中高生が各都道府県に2〜3人は存在していてくれるのではないかと願ってやみません。

一方、夏休みに色んな経験(桃色)をしてしまった中高生は多分数え切れない程いると思いますがそんなものに興味はないのでひたすら耳と目と心を閉じます。


夏休み中、メールや掲示板のレスを一切しておりませんでした。すいません。おいおいやっていきますのでもう少しお待ちください。

あとたまにメッセンジャー(hotmail)のアドレスの方にメールを下さる方がいるのですが、そちらの方は滅多にチェックしなかったり、あまりのチェックしてなさにメール機能が止められていて受信できていなかったり(送信者側には何のエラーメッセージも届かないので気付かない)しますのでお気をつけください。

2004.08

top

Copyright(C) 2001-2005 Yamada. All rights reserved.