Log / Index

2004.10

10月29日 虫歯菌かもしれない。

この1年で肉が落ちたせいで、去年買ったブーツが履けなくなりました。ガバガバです。ふくらはぎ部がスカスカです。スカスカですが嬉しく無いです。何故なら金が。金が…。唯一私を裏切らない筈の物が…!

歯軋りをしていても足と財布は暖まらないので(去年の自分に呪いの言葉を吐きつつ)靴屋に行ってみたものの、最近流行の靴はどれも足先がとんがっていて、思わず悪魔の靴を連想してしまい、1人売り場でニタニタしたりするのが精一杯でした。

あと、ちょっと痩せたのに調子こいてスリムなタイプのブーツを試着してみたらチャックが上がりませんでした。しかも隣で商品整理をしていた店員のおじさんにその様子を見られました。「 よければあちらの椅子で… 」と勧められました。座ったところでチャックはこれ以上1mmたりとも上がらないであろうことは自分の体が一番良くわかっていたので、負け犬の笑顔を浮かべて視線を逸らした後、無表情で足を引き抜きました。

10月28日 色んな意味で。

色んな言葉で来てみよう!!YAHOOからこんにちは・21〜
                (こんな単語で検索をかけた方がいらっしゃいました)

10月27日 ぶよんぷるん。

数年ぶりにジーパンを履いてみたのですが、今風のローライズお嬢さんは私の体で一番突出している下っ腹で「 ここでボタンをとめなさいよ! 」と主張され、しょうがないなと言われるがままに腹肉を説得して詰め込んでみたものの、そのままちょっと出かけて帰ってきた今、鈍い腹痛が治まりません。ひょっとして腸の位置とかが軽く変動しちゃったんじゃないかと思います。

10月26日 ピンクのセーターとか着てる場合じゃない。

昨日地元のお祭に行ったら(当然1人で)、「 黒のメッシュのスケスケTシャツに黄緑のブラ 」というアバンギャルドなファッションのおば様がいらっしゃったので、私ももっと攻めの姿勢で行かないと駄目だな、と拳を握り締めました。

10月25日 価値基準。

父が13万のデジカメ(交換レンズ含む)を購入していた事を知り、「 もったいねえ! 」と絶叫した後、妹(16)と「 13万あればジャンプが何年買えるか 」について議論しました。


今日は地元で祭がありまして、朝からピーヒャララとうるさいのですが、居並ぶ屋台を独り放浪しつつ、はしゃぐ子供達に眉間に皺を寄せ、カップルの数でも数えて来ようと思います。舌打ちとかは積極的にしていきます。

10月20日 680円。

妹(16)のパシリとしてゲーム屋にソフトを買いに行った際、「 しゃがむ→並ぶソフトのラベルを確認→立つ 」の動作をするたびに立ちくらみがして危機感を感じました。ここでは死ねない。

10月19日 妹の携帯番号を教えてもらえません。

昨日の夜、妹(16)から「 近所のゲーム店に行って、あるソフトを探して来い 」との指令を受けたのですが、寝て起きた今、そのタイトルが全く思い出せません。

何だか5〜6文字の弾けた感じのわけのわからないタイトルだった記憶はあるものの、「 え?ボンバラボン? 」「 リボルバン? 」「 ボラリボン? 」等、聞き間違えたフリをして半笑いで妹をからかっていたおかげで、ほぼ完璧に失念する事に成功しました。ちなみに「 BON BAlaBON 」は鹿賀丈史の3rdシングルです。何故か私はフルコーラス歌えます。

脳を絞った結果、「 とりあえ"リボン"がついてたような気がする 」と思いAmazonさんのゲームカテゴリで「 リボン 」で検索をかけてみたのですが、エロゲー1本のみがHITしまして、これは確実に違うな、と手ごたえを感じました。


追記:13:00

妹(16)から「 ほんとに行ってくれるの? 」メールが。ナイスタイミング。よーし、君は良い感じにお姉ちゃんの事信用してないナー。

-----メール転載-----
 私 「 タイトルを忘れました 」
 妹 「 ビブリボン
 私 「 リボルバンか、ビバリボンか、ボンリボル、のどれかかと思ってた… 」
 妹 「 一番最初のやつは全然惜しくないよ 」

駄目出しをされました。お姉ちゃんは雨の中チャリをこいで来ます。

10月18日 こういう時どんな顔すればいいか分からないの。

取得して以来一度たりとも乗っていない原付免許の写真(2年前)を改めて見てみたら、思っていた以上の神がかり的な酷さ(ボーダーラインを飛び越えちゃった人の顔)だったので戦慄したのですが、「 ひょっとして人から見たら今でも私はこんな感じなんじゃないだろうか… 」という思いが邪魔をして笑い飛ばす事が出来ず、じっと床を見つめています。

10月16日 黙って視線を逸らした犬と私。

最近の「 見ちゃいけないモノ見ちゃった 」瞬間

母(48)がタロ(犬)を相手に、ペナルティ・ワッキーの「 芝刈り機 」のモノマネを披露。

10月15日 セレブリティライフ。

居間でインターネットをしていたら、真横(フローリングの床)をアマガエルが横切っていきました。

1日1匹は、冷蔵庫の扉にアリが張り付いています。

ソファにて、何か太ももに違和感があるなと思って見たら毛虫が乗っていました。

部屋に蛾がいるくらいでは時に何とも思いません。

こういう所に住んでいます。

10月14日 ピッチリ横分け鼻デカ兄さん。

「 カツラ着用の有無を見抜く目に、人並以上の自信がある 」と自負している人の多さって一体何だろう。

10月13日 サイケデリック愛撫。

最近、ちょっと笑えるくらいの勢いで乳が無くなってきています。

別に腹の肉も一緒に落ちてくれるんなら何の問題も無いのですが、腹のサイズはそのままに乳だけダウン!とかされても嬉しく無いんです。通販の「 同じ商品をもう1個おつけします! 」くらい嬉しく無いんです。乳ポン・腹ドーンの50代男性の如き体型に近づきたいわけじゃないんです。体重が減ったところで「 これ確実に乳の分だよな… 」としか思えないんです。そういうサービスはいらないんです。苦情受付センターの番号はどこですか。もっと空気読めよ、乳。


MemoのURLが変わりました。新Memo携帯からの閲覧用URL

10月11日 こまったさんのサンドイッチ。

このサイトに置いてあるMemoは、掲示板と違い、書き込みページを別に設置して一応私しか書き込めないようにしているのですが、9日に突然見知らぬ人からのあらぬ書き込みがあり、書き込み用ページが見つかっちゃったのかーアイタターと応急処置として書き込み用ページのアドレスを変えてみたらその小一時間後くらいに全く同じ文章がまた書き込まれ、これはしょうがないやと一旦書き込み用ページ自体を削除して寝て起きましたところ、またしても同じ文章が書き込まれておりましたので仰け反りました。管理者の私にすら書き込めない状態で何してくれてんだ。もうひょっとしてこの人が管理者なんじゃねえの。じゃあ私は…?本当の私は…?

自分を見失う事によって現実から逃避しようとしたのですが無理でした。こんな事くらいでは空は飛べない。

ちなみに書き込みの内容は以下(3回とも同文)
  ハード系モデルします♪
  内容は私服からコスプレ、下着、ヌードです。絡みもギャラ次第でOKです。
  その他ご希望があれば、遠慮なく聞いてください♪
  撮影は24時間OK(夜型ので深夜もOK)です。
  個人的な趣味で撮影される方で、撮影は1対1でお願いします。
  私のプロフィールです(^^vv
  23歳で身長は170弱です。
  体型は普通で、少しヒップが気になってます・・・
  胸は大きいので、小さいのがいい人は無理かも(笑)
  必ずお返事しますので、簡単なプロフィール、
  撮影予定日、撮影時間、ギャラ等、教えてくださいね。
  よろちく('-'*)
  (氏名)
  (住所)

 明らかに私怨の巻き添えをくらっちゃったんだろうなあと思える内容(住所は関東になっているが使用プロバイダは中部地域限定のものだった)なのですが

等の感情を抱かずにいられない私はつくづく心が狭いのだな、と思います。

そういう方向に意識を向ける事によって、「 これからMemoどうする? 」問題から目を背けようという意図もあります。

「 わけのわからない書き込みがあった場合、私ではないと思ってください 」とか書いておこうかと思ったのですが、普段の私の書き込みの方がよっぽどわけがわからないんじゃないかと気付いたのでやめます。

10月8日 彼はとてもぶよぶよとしていた。

朝7時に目を覚まし、雨音を聞いて、「 ああこれじゃ犬の散歩に行けないなあ 」と目を閉じて雨上がり決死隊の宮迫と不倫する夢を見て、大学図書館で勉強している夢を見て、ER(海外ドラマ)のアビーになっている夢を見て、長年ダンボールの中に閉じこもり続けているという男を眺める夢を見て、時計に手を伸ばしてみたら13時だったので絶望しました。

止まない雨音の中、母に「 ビンとカンを捨てに行っといてね(午前中に回収される) 」と言われたような気がするのも夢の一部だと信じたい。

あと「 ダンボールに閉じこもり続ける男 」の夢はこれ、現実の私自身を隠喩とか直喩とかモロに反映とかそういうのじゃないのカナ?無意識からの「 このままではいけない 」の危険信号だったりするのカナ?私、今ギリギリ?っていう疑問の答えはフロイトさんに分析していただくまでもなくわかっているのでいいです。

10月7日 山田でごめん。

子供の頃誰しもが一度くらいは抱いてみる妄想の一つに、「 ひょっとして、私はこの家の本当の子供じゃないんじゃ… 」というのがあると思うのですが、そんな空想の余地が無いくらい、父親に顔が似ています。

田舎に帰ると、祖父(長男)→父(長男)→私(長女)と、物凄い濃度で「 山田顔 」のDNAが受け継がれていっているのを目の当たりに出来ます。叔父(次男)や私の妹(次女・三女)を見るに、第二子以降は母方の血が強く出る性質があるようです。

ひょっとしたらこの世に出てくる可能性があるのかもしれない私の子供に、今から土下座する準備だけはしておこうと思います。

10月6日 ハーメルンの犬連れ女。

朝、突き上げるような腹の痛みに目を覚まし(月に一度の恒例行事)、ズルズルとベッドと階段を下りて鎮痛剤を飲み、再び這うようにベッドに戻ってちょっと瞼を閉じてもう1回開けたら15時でした。瞬時に半日が過ぎるミラクル。私の時間泥棒さんはどこに隠れたのかなー。


時間泥棒さんが見つからなかったのでしょうがなく朝に行けなかった犬の散歩に出かけ、公園内を横切っていると、後ろから「 わあ。犬! 」「 かぁわいい〜! 」というような小さな女の子の声が複数聞こえてきて、嫌な予感に犬を横目でうかがってみたら物凄い頻度で後ろをチラチラ見ており、気配的にもこれはもう確実に私の後ろをついてきてるねお嬢ちゃん。そして犬をちょっと触ってみたいとか思ってるよねお嬢ちゃん。

でもね、お嬢ちゃん、全ての犬が尻尾振ってじゃれてくるとは限らないの。小型犬のくせに物凄い勢いで吠えかかる犬とかいるの。そして同じく、犬を連れて歩いている女の人全てがお嬢ちゃん達に好意的だとは限らないの。子供の相手が何よりも苦手な23歳とかもいるの。立ち止まって笑顔で振り返るくらいは出来るかもしれないけど、犬が吠えちゃって「 きゃあ! 」「 怖いよー 」とか言われちゃったらどうしていいかわからないの。「 勝手に期待して勝手に裏切られた気分になられちゃったらこっちどうしたらいいんだよ。何だこの申し訳なさ 」って悶々しちゃったりするの。うん。わからないだろうね。私もよくわからない。でもわかれ。

ということで数メートルに渡り、後ろを気にし続ける犬を半ば無理矢理引きずりつつ、何にも気付いていないフリをして断固として振り返らずに競歩レベルの速度(決して走らない)で振り切りました。心身ともに息切れ。

10月5日 低空飛行の神様。

昨日の日記に書いた、ゲームボーイアドバンスSPが貰えそう、という話を何気なく妹(16)に話したところ、予想外の剣幕で「 何それ!?どういうこと!? 」と詰め寄って来られまして、びっくりして怯みつつも「 いや、ちょっと友達が… 」と誤魔化そうとした(付き合っている人の事は言ってない)のですが、「 ハア? 」「 何で!? 」「 ウチの分も貰って! 」→「 いや、それは… 」→「 酷い! 」と勢いはとどまる事を知らず、それにしても何で私こんなに怒られてんだろうと思って聞いてみたら、どうやら妹(GBASPがかなり欲しい)は私(欲しいという話はしてた)に一緒に金を出させて本体を買おうという計画を胸中に持っていたらしく、その目標物を1人でかっさらった私を「 裏切り者 」と見なして憤っていた模様。

なんで私はこの年で妹(16)にこんな計画練られてるんだろう…。なんだろうこの状況…とアンニュイな気持ちを抱えながらも何とか説得を試み、「 まあアンタもプレゼントしてくれる人探したらええがな 」というような事を言ったら、「 いるわけないやん!そんな神様みたいな人 」との答えが返ってきてアンニュイここに極まれり。

妹(16)の神様は、結構低い位置を飛んでいるようです。

10月4日 「 大人になろうよ 」って言われた。

前々から、付き合っている人に「 ダイエットして○kgになったらなんでも好きなもの買ってあげるよ 」と言われており、最近漸くそれ(世間一般で言うと、ダイエット後というかむしろ前だと思われるくらいの数値)が射程圏内に入ってきたので、先日、「 ゲームボーイアドバンスSPが欲しいです 」と伝えたのですが、口にしようとするだけで自分でもビックリする程恥ずかしく、「 ああ、こういうものをねだるのを恥ずかしいと思う心がまだ私には残っていたのだな 」と気付いて少しホっとしました。

私のあまりの恥ずかしがりように何か乙女チックな願いを言うのかと誤解していたらしい相手は不快感をあらわにしてきましたが、逆ギレで乗り切りました。
 ちなみに一緒にねだったソフトは「 ピューと吹く!ジャガー ビョ〜と出る!メガネくん 」です。相手が引いている様子が手に取るようにわかりました。

「 これでフラれるならしょうがないよな 」という大変レベルの低い覚悟の甲斐あって、どうやら買ってもらえるようです。

目下のところ、特に限定品でも無いくせに品切れで値上がりしまくりのファミコンカラーと数値の減らない体重計に呪いの言葉を吐きつけるのが日課。

10月1日 ひっくりかえされ注意報。

人と遊んだ日の日記を書こうとすると極端に長くなるか短くなるかのどちらかになってしまうので箇条書きにしてみたらこれまた長くなりました。

■ わりと早めに大阪駅に到着し、鼻歌のひとつも歌いたいような気分で歩いていたら軽く30分程迷った挙句、最初に居た位置に戻る。
 ■ 無事と言えない事も無いくらいの状態でまんだらけに到着。入り口の店員さんのコスプレが何だかわからず、「 私もまだまだだな… 」と思う。
 ■ 野郎がひしめく本棚で仁王立ちしていた私は女としてまた1つ何かを捨てた。
 ■ コスプレ店員さんのカラオケショーにて、テンション高々のアニメソングを恐るべきノリの悪さ(不機嫌顔)で歌い上げている店員さんを見て、店長を捕まえて「 適材適所! 」と叫んであげたくなる。
 ■ 理性を飛ばした買い物をし、「 この袋を抱えたままでは死ねない 」と思いつつ慎重に友達の家に向かう。
 ■ 台風ジャストフィット!
 ■ チャリで迎えにきてしまいズブ濡れになっている友達(お邪魔する家の家主・♂)と一旦別れ、遊びに来た側の女の子2人と一緒にタクシーに乗せてもらう。
 ■ 到着ー、ということで降りてみたら全然違う場所で呆然(降りしきる雨)。
 ■ 近くで人を降ろしていたタクシーを捕まえて一安心!と思いきや、このオッチャンこの辺の人じゃ無いらしく、道を全く知らず、当然私らも知らず、見行く人を片っ端から捕まえて聞き倒す。
 ■ 皆ちゃんと教えてくれて本当に親切だなあと思っていたら、運転手のオッチャンが道を聞くために開けた窓(私の真横)を閉め忘れ、数分程左半身に雨水を浴び続ける。
 ■ やっと到着。
 ■ その友達の家に来た事があるのは私だけだったにもかかわらず、私が一番頼りにならなかったという驚きの結果!
 ■ キビキビ動く家主をよそに当たり前のように座り込んで酒やら手作り料理を頂く。美味。たぬきにぎりは皆さんも是非作ってみるべき。
 ■ もてなしてくれている家主の心のカサブタをえぐるような会話を楽しむ。
 ■ 冷蔵庫を普通に開けてツマミ食いをしていたり、ちょっと席を外したと思ったらポイントを的確に押さえた家捜しをしていたり、人の皿から自然に料理を奪ったりしている女の子に萌える。
 ■ もう1人の女の子(年下・既婚)がすごくきちんとしていて、皿の上げ下げの手伝いやら洗い物やら紅茶入れやらをしてくれている様子を市原悦子の如く凝視しながら、「 すげえ… 」とひたすら思う。
 ■ 自分のガサツさと出来てなさを実感。
 ■ 「 いつ刺されてもおかしくない 」「 裏情報満載 」等の文字が躍る雑誌がそこかしこに置いてある家主の寝室を見て少し心配になる。
 ■ 人様のベッドで堂々とくつろぐ。
 ■ 早朝あたりから、「 結婚とは 」という語りが開始。既婚者の方の体験談は本当に参考になる。
 ■ 参考になり過ぎた家主が「 怖い! 」と座布団を抱き締め始める。
 ■ 「 わかった! 」「 怖い! 」「 がんばるぞ! 」「 山田結婚しよう 」を延々繰り返していた家主、突如気絶するかのように眠りにつく。
 ■ 女の子も寝ることになり、1人ソファで漫画を読みながら、自分の部屋にいるかのような感覚を味わう。
 ■ やっぱり自分の部屋じゃなかったので、昼頃寝ている家主を叩き起こして駅まで案内させる。
 ■ 気だるい体で電車を待ちながら、家への道のり(一時間半)に思いを馳せ、「 いっそここで気絶したい 」と強く願う。
 ■ 美味かったし笑ったし考えこんだしでとても楽しかったです。
 ■ 反動で、帰って来てから半日程人間として機能しなくなっていましたが楽しかったです。


一緒に行った女の子に、「 山田さんにおみやげ 」と手渡して頂いた物

イヤーン
(ノーパン娘フィギュア)

自分のイメージの軌道修正を図るべく、これからは「 今日のコスメ 」やら「 オススメスイーツ 」やら「 秋・はずせないアイテム 」やらの話題を必死で書いていこうと思いました。ノーパン娘は今、私の部屋の机上で満面の笑みを浮かべています。

2004.09

top

Copyright(C) 2001-2005 Yamada. All rights reserved.