Log / Index

2006.3

3月28日 木の芽時。

1日1度、必ず私にちょっかいをかけてくるジョージやマイケルやポールのしつこさにはもうウンザリ!こんなに冷たくして私にその気は無いってアピールしてるのに、全然わかってくれないなんてどういう事なのサノバビッチというわけで、外人スパムに愛されすぎた掲示板をどうにかしようと決めたのが4日前。

今まで使っていたApeboardを止めて、他のデザインカスタマイズの出来るCGIを探し、四苦八苦しながらも何とか今までのデザインと同じ状態に近づけて、さてあとは掲示板変更の告知だけかと思ったその時からパッタリと止むスパム書き込み。え。お前らなんでそんなとこで空気読んでんの。

スパムが止んだならもう変更する意味は無いし…でもせっかく設置したのに勿体無いし…という事で特技「 とりあえず先送り 」を発動すること数日、本日ついにオーガストとビルからの「 このエキサイティングなサイトを見てみろよ! 」書き込みがありましたので心置きなく掲示板を変更させて頂きます。

新しい掲示板のURLは こちら 。見てもらうと分かるのですが、コメントの削除も返信も私(管理人)しか出来ない仕様になっています。返信はともかく削除については出来た方がいいと思ったんですけど、何をどうしても出来ませんでした。CGIの解説ページによると出来るらしいのですが、私によると無理でした。ほんだらもっと別のCGI探せばええやないかっていう話になりますがまたデザインいじるのが面倒なのでこれで行きます。独裁掲示板です。私が法律です。でもこの世で私の思いどおりになる物なんてこのサイトくらいしか無いんだからいいじゃない。ここくらいはいいじゃない。ねえ。マスター、涙忘れるカクテルまだ?

3月24日 さーけびつーぶーやくーあーいしてるー。

最近のお家で起こったハプニングは、ラ・プリンス「 薔薇ピルグリム 」をヘッドフォンで聴きつつ、口ずさむというか熱唱レベルで歌いながら「 塊魂 」をプレイしている所を妹(18)に見られた事です。

この1ヵ月、更新のほぼ全ての話題が「 フルハウスキス2 」関連でしたので、引いている方もいらっしゃるのかもしれないという事はわかっているのですが、「 こんな事くらいで引く人は、どうせ遅かれ早かれ私に愛想をつかすに違い無いからまあいいや 」というのが私の揺るぎ無い気持ちでありましてつまりは反省とかあんまりしてなくてすいません。そして反省が無いという事は改善する気も無くてすいません。

こういう妙な所での割り切りの良さと意固地さによって、今まで色んなチャンスをフイにしてきたり失わなくていい物を失ったりしてきたのでは無いかという事に気づける程度には大人になれました。直せるかどうかは2〜3年後あたりの私に任せようと思います。「 フルハウスキス3最高! 」っていう日記を書いている可能性がゼロじゃない事を思うと、少し胸が熱くなります。期待で。

3月22日 ほんとの私、デビュー。

アニメイトに行きましたがCDは売り切れていましたアホか。私の恥じらいを返してください。

在庫問い合わせてから23時間で売り切れるってどんな嫌がらせかしら…わかれへんわあ…と棚の前で呆然としながらも、ここで聞かないと後悔すると思い、近場の店員さんを捕まえて、「 フルハウスキスのドラマCDの… 」と質問。探してもらったものの、「 やっぱりもう在庫無いですね 」との事で本格的にガッカリ。ガッカリしながらも「 忘却CELEBRATION 」はきちんと握り締めてレジに持って行きました。ついでにアニメイトの横の成人男性向け萌え系ショップにも入っておきました。

Loftのエレベーターで彼女の首筋に顔を埋めている男を凝視したりした後、しょうがないなあ…と帰ろうとしたところで、記憶の端の方にあったオタクグッズショップを思い出し、3件ほど周りましたが全滅。萌え系アニメCDとボーイズラブドラマCDの充実の品揃えぶりを恨みがましい目で見つめながら、帰って来て楽天Booksの注文ボタンを押しました。

家から出るなって事か。

3月20日 本当に本当に君が大好きだったから。

カードでの支払いは目の前の金が消えていかないので大変気持ちが悪いというか危機感を覚えるので、やっぱネットは駄目だ!店頭に行って手に取って買うのこそがショッピングですよ!お空も晴れてる!というわけで行ってきます。アニメイト京都店

「 フルハウスキスドラマCD「 真夏の夜の夢 」はありますか? 」って、商品在庫の問い合わせ電話も済ませました。本当は「 忘却CELEBRATION 」と「 君はMVP 」の在庫についても知りたかったのですが、この言葉を口にしようとすると「 ぼ、ぼうきゃくセセレブ…! 」のあたりで恥ずかしさのあまり電話を切ってしまいかねないと二の足を踏んでしまいました。一般人としてもオタクとしても中途半端な人間だと思います。

アニメイトに行くのは確か中学生の時以来。あの時は、幽遊白書のカード(飛影)を買っていたような気がします。約10年の時を経て、中学生の時と同じ立ち位置に帰って来ている自分にほんの少し絶望します。

誰も私の事止めてくれないから、誰も私の事殴ってくれないから、誰も私の事抱き締めてくれないから、だから、だから私はこうなっちゃったの!この世の私以外の人達は全員反省してください!っていう中学生らしい主張で誤魔化した気になろうと思いましたが、さすがにこの歳になってくると自分というものが痛いほど分かってしまっていて無理でした。誰に止められたとしても行く。

3月17日 もう恋なんてしないなんて。

軽く20日ほど延々と2次元恋愛ゲームをプレイし続けて桃源郷を見た結果、脳がおかしなりすぎて一周ぐるんと回って「 (3次元で)恋愛したい…! 」ってなったので帰ってきました。何かを悟ったような気になっていますが、単に20日前の状態に戻っただけです。フリダシにただいま。

少し前、彼女持ちの友達にメッセで絡んでいた時(人の幸せほど妬ましいものはありません)、「 どういう人が好みなの? 」と聞かれて、「 浮気しない人・嘘つかない人・ギャンブルや借金をしない人・暴力を振るわない人 」と答えたら、「 普通の人はそんな事しないよ… 」って言われて、その普通がどんだけ大切だと思ってんだ!ばか!とか言うと私がどんな恋愛経験してんだと思われそうなので堪えました。大した経験もしていないくせに、人に対する猜疑心ばかり強い大人になりました。

絡みついでに、「 新しい恋ってどこにあんの? 」と聞いたらヤフーチャットと即答されました。まずは顔文字サイトをお気に入りに入れるところから始めようと思います。

はぢめましてヾ(>ω<*)やまだってぃぃまス。25でつ。性格は…さみしがりやカナ??とかやってる所を見かけた際は、どうぞよろしくお願いします(ビンタを)。

3月15日 私はどこに向かっているんだろう。

オタク友達(同い年♀)から、彼女が今ちょっとおかしいくらいにハマっている俳優さんの握手会に参加出来たという話を聞いて、恋愛対象が3次元に存在している人間だったら、手段さえ選ばなければ手も繋げるし抱きつきも出来るし、大変羨ましいなあと思いながらプレステのコントローラーを握り締めていましたさよならホワイトデー。

実在する人間で、今「 抱きつかせてやるから誰か選べ 」って聞かれたら誰かなあっていうのを考えてみたところ、真っ先に浮かんできたのはウエンツ瑛士でした。何か自分の脳の奥の方から警告音がする。

3月13日 君の心の扉を叩くのはいつも。

明日はホワイトデーですね。

「 どうせ1人で過ごすんだろ?寂しい奴 」「 ほら、これ、クッキー。やるよ 」「 美味そうだったから買ってきてやっだけだよ。ばーか 」「 で、これからどうする?まあ、どうしてもお願いしますって言うなら俺が付き合ってやってもいいけど?(笑 」

「 あの…さ、これやるよ 」「 ち、違うからな!別に今日が14日だからとか関係ねえから! 」「 なんか、店で売ってるの見て、こういうのお前、好きかな、って思っただけで 」「 そっか。よかった 」「 …今日、さ。これから予定あるのか? 」「 なかったら…その… 」

っていうような事を考えてるうちに日が暮れるんだと思います。

最近気づいた事は、「 フルハウスキス2 」をプレイしている時の私は、生まれてこの方誰にも見せた事が無いくらいの笑顔を浮かべているという事です。

3月8日 迷子。

すごくイライラしながら料理をしていてハっと気づいたら、流しでちくわを水洗いしていました。

3月6日 2.5次元の生き物。

ここ10日、更新もメールの返信もする事無く何をしていたかと言うと、はてなダイアリ の方でニタニタしながらひたすら「 フルハウスキス2 」のプレイ日記を書いていました。2次元、超楽しい…。

そしてそんな楽しい2次元ですら恋愛に行き詰ったのでいったん3次元に帰ってきた次第。ただいま!人と深く関わるのってしんどいね!

帰ってきた3次元ではペリカン便のお兄さんから麻生くんのCD『 流星気分 』を受け取りました。何でかというと私がAmazonさんに「 お願いですから届けてください 」って懇願したからデス★キャハ★(今「 キモい 」って思った人の頚動脈を締めます)

「 彼氏と別れて、乙女ゲームにハマり、挙句の果てにキャラソングにまで手を出している女(25) 」って、こうして文字にしてみるとかなり目頭が熱くなる状況ですが、たとえ別れてなかったとしてもこのCDは買ってたよな、って確信を持って言えるので大丈夫です。何かもっと根本的な所が大丈夫じゃない気もします。

2006.2

top

Copyright(C) 2001-2006 Yamada. All rights reserved.