Log / Index

2006.10

10月30日 アイムカミング。

サイトのデザインを変えるべく、スタイルシートをいじっています。

変える時っていうのは、これまでのデザインに飽きて「 もう見るのも嫌じゃああああ! 」ってブチーンと来てやるパターンが多いのですが、新しいデザインの調整のため、かれこれ1週間ほど毎日数時間自分のサイトを凝視していた結果、新しいデザインに早くも飽きてきました。ちなみに完成度で言うとまだ6割くらいです。白目むきそう。

デザイン変えるって言っても、やっている事といえば色と画像の変更くらいなのに、何故にこんなにも時間と手間がかかるのかわかりません。「 それはね、お前の頭が悪いからだよ 」以外の答えが出ないと思うのでわかりません。今日は郵便局の機械で振込みをしようとして、デカデカと「 紙幣専用 」と書かれた所にジャラジャラ小銭を放り込み、「 なんかおかしい気がするけど、なんだろう 」と思いながら10秒ほどボーっと機械を眺め続けていました。気づいた時にはもうどうする事も出来ず(奥の方に落ちていった)、薄ら笑いを浮かべながら局員さんに声をかけて機械を開けて取ってもらいました。すいませんでした。

10月25日 今、蚊に刺された。

昨日は、焼きトウモロコシと回転焼き(今川焼き)と揚げ芋を買って帰りました。

トウモロコシは張りが無く緩い汁気ばかりで、「 そこの焼く前の茹でただけの方を下さい 」って言えばよかったんじゃないかと思ったり、回転焼き屋のオヤジは注文〜支払いまで終始無言で商品も台の上にポンと置くのみ&持って帰る間に紙袋ごとべちょべちょになってしまったりで、まあ美味いか不味いかで言うと不味かったんですけど、食べない事には納得しなかったので満足です。

揚げ芋は、おっちゃんが芋を切って揚げた後、さっきまで生芋が入っていたと思われる箱にそれをブチ込んで砂糖を絡ませるといったやり方で作られていて、衛生観念って何かしらー!と思ったんですけど美味しかったので大丈夫なんだと思います。

あとは女子中学生の乳の谷間とか、ヤってそうなカップルとか、ヤってなさそうなカップルを見ました。3〜4歳くらいの女の子が1人でちょこまか歩いていたのですが、近くに親らしき人は見当たらず、「 こんなもん私が小脇に抱えて走って逃げたりしたらどうなると思ってんだ 」と思いましたが、どうなるかを1番良く分かっているのは私だったので大人しく帰ってきました。

10月24日 来年こそは、と思い続けて十数年。

今日は地元の秋祭りです。

この時期が来る度、中学の時は「 ちょっと憧れの先輩に誘われて、ドキドキしながら一緒に屋台を見て回ってたら、偶然同級生に遭遇して、慌てて隠れてみたものの『 あれ山田さんと○○先輩じゃない? 』『 えー!?ホンマやー 』とかいう会話が聞こえてきて、恥ずかしいよー!明日からどうしよう…!(/ω\*) 」をテーマに3年間。

高校の時は「 ちょっと気になるクラスメイトに誘われて、ドキドキしながら一緒に屋台を見て回ってたら、偶然クラスメイトに遭遇して、『 山田さんと○○君やん! 』『 そういう関係やったん!?(笑 』って詰め寄られて、恥ずかしいよー!何て説明したらいいんだろう…(/ω\*) 」をテーマに3年間。

大学の時は「 ちょっと気になる人に誘われて、ドキドキしながら一緒に屋台を見て回ってたら、ふいに手を繋がれて超動揺。しかも前から高校の時の同級生が歩いてきていて、『 わー。山田さん久しぶりー!彼氏? 』なんて声をかけられたらどうしよう…!(/ω\*) 」をテーマに4年間。

それ以降は「 付き合っている人(遠距離)がわざわざお祭りに合わせて会いに来てくれて、手を繋いで2人で屋台見て回るの超幸せ(/ω\*) 」をテーマに3年ほど妄想を繰り広げて、浮かれた祭りの空気の中、寂しさで崩れそうになる精神の均衡を図っていたのですが、事ここに至って、付き合っていた人とも別れ(一度も一緒に行かずじまい)、好意をぶつけられるような異性も居らず、かくなる上は空想上の人格を作り上げて妄想を展開するしかなくなりました。

腰どころか尻わし掴みにして歩くカップルや、初々しい中高生のカップルや、子供を連れの夫婦や、はしゃぐ子供達で溢れる賑やかな屋台の群れの中に入ると物凄い勢いで心が荒みますが、妄想の世界に意識を飛ばして自分を守りつつ、回転焼きとかイカ焼きとかタコ焼きとか焼きトウモロコシとかリンゴ飴に挑んで来ようと思います。いってきます。一人です。独りです。

10月19日 カンガルーの玉袋製の小銭入れとかあるだろ。

妹からもらったオーストラリア土産は、ポテトチップ(のりしお)でした。

10月18日 ねえどうして。

更新でもしようかとサイトを開いたところで、ジャンプを買い忘れていた事に気づきました。妹は明日帰ってきます。

きみのためなら死ねる 」はとりあえずエンディングまでやりました。
 プレイ途中、ステージクリアのため、DSについてるマイクに向かって、「 愛してる! 」という、生まれて25年間誰にも言った事の無い言葉を全力で叫ぶ機会に恵まれました(指定された言葉をある程度の音量で叫ばないといけない)。

私がこんなにも力強く「 愛してる 」を口にする事などこの先二度と無いだろうという事を鑑みるに、開発したSEGAの人にとりあえずお礼を言うべきなのかもしれないと思いながら攻略サイトを見ていたら、「 実はクリア判定は叫ぶ言葉じゃなく音量のみが基準になってるから、わざわざ声を出さなくてもテレビとかラジカセのスピーカー前にでもマイクをかざせば楽にクリアできますよ 」というような一文を見つけて膝と頭を抱えたくなりました。私の「 愛してる 」の意味は。

10月12日 焼きそばパンは頼まれませんでした。

妹(18)が今日から学校の海外研修(1週間)に行く事になり、出かけるにあたって、「 どうしてもクリアできないステージがあるからやっといて 」と「 きみのためなら死ねる 」を手渡されました。「 月曜にジャンプ買っといて 」とも言われました。

「 はい 」って言いました。


あと今胸元に違和感があって手をやったらそこにいたのはカメムシで、気づいたのはしっかり掴んでしまった後で、自分が物凄く臭いです。「 乳が臭い女 」ってそうそう居ないだろうなと思うとプレミア感があっていいですね。いいですねじゃねえよ。

10月10日 毛倡妓

友達の居る美容院に行ってきました。

前日の夜、寒気と頭痛が酷かったので、どうせ店についたらすぐシャンプーするんだし…と思い、髪を洗わず突撃したら、「 頭皮が見られるカメラがあるけど、どう?見てみる? 」と言われ、「 見ない方が幸せなままでいられると思うからいい 」と即答したものの、「 なかなか見られるものじゃないし 」と薦められて結局見てみる事に。

目の前のモニターに映される自分の頭皮と毛根(虫の足っぽい)。「 湿ってるのは汗のせいね 」「 あー。ここ毛穴がつまってるねー 」という友達の解説。これは何の羞恥プレイなの…!ヒー!フケとか映ったら舌噛みたい…!今すぐ私を殺してください…!と暴れたくなるのを理性で堪え、「 でも頭皮の色はすごい綺麗だよ 」という言葉に、「 これって乳首の色褒められるのとどっちが嬉しい事なのかなあ… 」とぼんやり考えて現実逃避を図りました。

その後は、私の毛なのか私が毛なのかといったくらいの毛量を「 何これ!こんなの見た事ない 」と笑われたり、「 店に入ってきた時の髪型(ワンレン)、中国人みたいだったよね 」と言わて「 せめて浅野温子って言えよ! 」とキレたり、同級生何人かの結婚・出産を知らされて白目むきたくなったりしながらもガスガス毛を削り落としてもらい、グルングルン巻かれて、さあどうぞと眼鏡を返されて目の前の鏡に現れたのは「 浮かれ聖子ちゃんカット 」としか形容できない何かでした。

大人なので心の動揺を顔に出さず「 ありがとー! 」と帰って来て、ビフォーアフターの写真を人に見せたところ、ビフォーへのリアクションの方が良かったっていう、ちょっとした惨事。私が4365円払って半日潰してまでやった事って一体。


今回行った美容院のオーナーさんはパリに何度か行ってショーにも参加している人らしいのですが、店にある雑誌の表紙やアルバム・ポストカードには漏れなく「 パリで撮ったものです 」っていう手書きのメモがついていて、そのアピールぶりから今一歩パリに慣れて無さを垣間見れて面白いなあと思いました。こんな風にしか物事を見られない自分キモいなあと思いました。

10月4日 ノーと言える日本人。

美容師をやっている友達から数ヶ月ぶりにメールが来て、「 スタイリストになるために客を取らないと(数をこなさないと)いけないので、店に来てくれないか 」というような事を言われました。

美容院に行くとなると、どんな髪型にするかといった事そっちのけで美容師との会話のシミュレーションの方に時間と気力を費やし、美容師に語るための自分の職業・趣味・生活といった設定を熟考し、予約の電話を入れる時には30分くらいかけて気持ちを整えるような私ですので、同じ切ってもらうなら友達相手の方が気軽でいいし、こういう機会でも無ければ美容院に行く事も無いだろうと思い(これは女としてどうなのかという点には触れるな)、「 いいよー 」と返したら、「 店まで結構遠いし、お金も払わせる事になるし、ごめんね 」とえらく恐縮されたのですが、私が本当にダメージを受けているのは、移動距離についてでもお金の事でも無く、彼女からのメールの冒頭にあった「 久しぶり。仕事してるー? 」の一言だったという事は言い出せませんでした。

10月3日 結局、古い暗証番号は何だったんだろう。

銀行に行ってきました。

「 暗証番号間違えちゃって…ふへへ… 」と窓口で卑屈な笑みを浮かべていたら、この機会にどうですかと指の静脈認証付きのカードを勧められ、ノーと言えない日本人であるので「 じゃあそれで…」と答えた結果、図らずも前以上に厳重に口座を守る事になってしまいました。ついでに確認したところ、この口座の残高は168円でした。お金、大切。

10月2日 残高が百円単位の口座の何を守るというのか。

朝から雨が降り続け、寒く人肌恋しく血祭り来たりて腹痛くといった状態です。

ここ数ヶ月男と会話した事すらなくて「 今月アレが来なかったらどうしよう… 」っていう不安とは無縁でよかったー\(^o^)/鉄壁の守りでよかったー\(^o^)/でもまだ「 想像妊娠 」っていう可能性が残ってるから希望が持ててよかったー\(^o^)/


半年ぶりくらいにATMから自分の銀行口座の残高を確認してみようとしたところ、第1候補の暗証番号が弾かれ、第2候補の暗証番号が弾かれ、とりあえず落ち着こうと翌日あらためて入力した第3候補の暗証番号も弾かれ、ATMに「 お前、頭悪いか怪しい奴かもしくはその両方だからちょっと窓口来いよ 」って言われたので銀行に行ってきます。「 新しい暗証番号は誕生日でお願いします 」って言い張ってきます。

top

Copyright(C) 2001-2006 Yamada. All rights reserved.